舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru

<   2009年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

♪セバスチャン「いやあ、お嬢様、M-1グランプリ感動しましたね」
お嬢様「本当ね、芸人さんてなんてカッコイイんでしょう!」
セバスチャン「笑い飯さんの『鳥人』は、チュートリアルさんの『ちりんちりん』に匹敵するインパクトがありましたね」
お嬢様「だけど、決勝はパンクブーブーさんの方が良かったし、本当にお笑いって難しいわね」
セバスチャン「答えのないものを創るってことは大変なことですよ」
お嬢様「芸人さんの一生懸命さを見て、勇気がわいたわ。セバスチャン、私たちもコンビみたいなもの。一緒にこれからも頑張りましょう。よろしくね!」
セバスチャン「お嬢様…」

今夜のお嬢様は、いつになく素直でいらっしゃいます。さすがM-1!


♪さてさて、そういえば昨日笑文さまからご質問をいただいたのです。「セバスチャンさんは、芸能人に例えると、どなたに似ていらっしゃいますか?」

セバスチャン「お嬢様、私はどなたに似ていますでしょうか?」
お嬢様「え?誰かに似ていなくちゃならないの?」
セバスチャン「別にいけないわけではありませんが、イメージを伝えた方が、皆さんわかりやすいかもしれません」
お嬢様「じゃあ、私の好みで決めさせてもらうわ。あなたは私の召使いなんだから、私にとっての『自分を見守ってくれる理想の人』のイメージであることは当然でしょ」
セバスチャン「はあ…そうですね。お願いします」
お嬢様「この人よ!」




セバスチャン「ほお~、フレッド・アステア様でございますか…アメリカが生んだ名ダンサーでございますね」
お嬢様「上品な物腰、エレガントなダンス、茶目っけのあるお芝居…私、大ファンなの!セバスチャン、今すぐこの方になってちょうだい」
セバスチャン「え?今すぐでございますか…わかりました」

(ゴソゴソ身支度を整えるセバスチャン。そしてくるっと回ってみせる)

お嬢様「まだまだよ!もっとちゃんと研究して!」
セバスチャン「申し訳ありません。まずはダンスの基本から勉強させていただきます」
お嬢様「そうして。明日までに必ずできるようになっててよ。…私はもう寝るから。おやすみなさい」
セバスチャン「…おやすみなさい」

この年になって、まさかダンスのレッスンが必要になるとは思いませんでした…


♪お嬢様の大好きなフレッド・アステア様。
彼のことをあのマイケル・ジャクソン様もとっても尊敬していたようです。

まだ少年のようなマイケル様が、アステア様の真似をされているショーの映像を見つけました。



いかがですか?とっても可愛いですね!
こういう上品なスタイルで踊るマイケル様、きっとすごく珍しい姿なのではないでしょうか?


そしてこれは、マイケル様の歌声に合わせて踊られるアステア様の映像です。



アステア様の映像は、「バンド・ワゴン」という、もともとあった映画の映像を繋ぎ合わせたもの。
でも不思議なほどマイケル様の歌声にぴったりです。
エンターティナー同士の時を超えたコラボ…ワクワクしますね!


明日、お嬢様にも見せてさしあげようと思っております。
それでは皆様、おやすみなさい!
今宵も良い夢を!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-20 22:30 | つれづれ
♪皆さまこんばんは、セバスチャンでございます。
ダンボさんの体内お嬢様、イレーヌ様の召使いでございます。

本日、笑文さまからこんなご質問をいただきました。
「セバスチャン様は、子供のころ、やはり『セバスチャンちゃん』と呼ばれていたのですか?」

さようでございますね…
私は街でも評判の美少年だったため、「セバスチャン」や「セバスチャンくん」と呼ばれるよりも
「セバスチャンちゃん」と呼ばれることが圧倒的に多ございました。

「かわいいセバスチャンちゃん」「天使の笑顔のセバスチャンちゃん」と呼ばれるたび私は、
「呼び捨てにしてくれていいのに…」と思ったものでございます。

ですから、アグネス・チャンちゃんがデビューされた時は、
はじめて仲間が出来たような気がしてすっかりファンになってしまいました。
思えば、あれが私の初恋だったのかもしれません…。
それはさておき。


本日お嬢様はお仕事をされておりましたが、
「野原に行ってウサギさんと遊びたい!」
と駄々をこねられるので、なだめるのが一苦労でございました…


セバスチャン「お嬢様、今はお仕事をなさってくださいませ」
お嬢様「いやよ、こんないいお天気ですもの。お部屋に閉じこもっているのはつまらないわ」
セバスチャン「お嬢様がお仕事を終えられるまで、ちゃんとウサギさんは待っていてくれますよ」
お嬢様「いやよいやよいやよ!私は今すぐ遊びたいの!」
セバスチャン「いいですか。ウサギさんとは誰でも遊べますが、お嬢様のお仕事はお嬢様にしかおできにならないのです。
お嬢様のお仕事は…たとえて言えば、ウサギさんをまだ見たことがない方にウサギさんの可愛らしさを伝えるようなお仕事なのです。
または真っ暗な夜空に、お星様やお月様を飾って、皆さまの心をあたためるような…そういう尊いお仕事なのでございますよ」
お嬢様「…そんな大それたこと…私にできるわけないわ」
セバスチャン「やってみなければわからないではありませんか。まずやろうとすることが大事なのですよ」
お嬢様「だって私はまだ小さいし、何も知らないのよ」
セバスチャン「大丈夫ですよ。このセバスチャンが、ちゃんとお側についていてあげますから」
お嬢様「本当ね、約束よ。私が起きている時も、寝ている時も、ずっとずっと見守っているって約束して」
セバスチャン「(小声)私はいつ寝たらいいんだろう…」
お嬢様「なに?なにか言った?!」
セバスチャン「いいえ、なんでもございません!」
お嬢様「じゃあ、とりえあえずチョコレートを持ってきてちょうだい」
セバスチャン「またでございますか?」
お嬢様「お仕事をするのは、チョコレートをぜーんぶ食べ終わってからよ」

‥仕方がありません。私は明日チョコレートを生協に買いに行くことにいたします。
本当に手のかかるお嬢様でございます。


♪そんなお嬢様のお友達、Qさんのご本「宇宙となかよし」は、アマゾン総合一位を獲得されたようでございます。
おめでとうございます!

夢を語り、そして実現されたQさん。本当に素晴らしいことだと、セバスチャンも感激いたしました。

さ、この素敵なニュースに刺激を受けつつ
私もお嬢様のお世話をすることに全力を尽くさせていただきます。

皆さま寒い日が続きますがどうかお身体に気をつけてくださいませ。
またお会いいたしましょう。
セバスチャンでございました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-19 21:15
b0148672_095850.jpg

♪ふと思いだしたのですが、去年の12月1日のこと‥

木星と金星と三日月が接近して、まるで夜空が笑っているように見えたことがありました。

(これは後日ネットで探した画像です。縦になってたらごめんなさい)

あまりに美しかったので、私は大興奮し、mixiやメールで
「いま空を見てください!」と皆さんに呼びかけました。

あの時の私の行動力はすごかったです。
こんなに美しいものを独り占めしてはいけない!と思ったのです。

本当に価値があるものに出会ったら、人はじっとしていられないんだな、と思いました。

あれから一年あまりがたち、今の私はまた星をみつける作業をしているんだな、と思いました。

自分の中と作品の中に、
「これは絶対素敵!」というものをみつけたいのです。
思わず皆さんに知らせたくなるようなものを、どうか探しあてることができますように‥


すごく寒くなりましたが、寒い日は星が綺麗です。

皆さま、お体に気をつけて‥
そして美しいものをいっぱい楽しんでくださいね。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-19 00:09
b0148672_23544140.jpg

b0148672_23544124.jpg

♪昨日から私の中で流行っている、「体内お嬢様とセバスチャンの会話」‥
その妄想が止まりません(笑)

今日は体内お嬢様のイメージにピッタリの絵を思いついてしまいました。
ルノアールの名画、「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」です。
ああ恐れ多い‥

私はこの絵が小さい頃大好きで、ジクソーパズルを持っているほどだったのですが、今ごろリバイバルするとは思いませんでした。

体内お嬢様は、たぶん心理学用語で言う、インナーチャイルドだと思いますが、彼女が機嫌よくいるほど、書けるような気がするので、私はこれからも彼女のご機嫌をとるセバスチャンに徹したいと思います。
(召使がセバスチャンだというのは、やはり完全にハイジの影響ですね)


♪美佳子ちゃんと、marieさんにお会いできました。
待ち合わせさせて頂いた場所が、リッツカールトンホテル大阪のクラブフロア!

クリスマスの飾りがキラキラして、夜景が美しくて、お菓子やお料理があって、夢のような場所で、もううっとり♪
私の体内お嬢様が大喜びでした。

シンガーのmarieさんは、「芸術家はみなさんを非日常の場所に連れて行かなくてはならない。だから素敵な場所を経験することは必要よ」
と教えてくださるのですが、まさにその「素敵」をいっぱい体感できました。

大好きな美佳子ちゃんともまた会えて、前回会えた時からのいろいろをお話しでき、修学旅行のお土産まで頂いたのも本当に幸せでした。
マーライオンの四つ葉のクローバーストラップ、特にうれしかったよ。大切にするね♪


marieさん、美佳子ちゃん、素敵な時間を本当にありがとうございました!


♪大王がブログに書いて下さっていた、タニマチ金魚さんの「三日月に揺られて笑う」

大変だ!と思い見に行きました。
見せて頂いて本当によかったです。

ああ面白い面白い‥そして怖い怖い怖い‥
ほんと怖いよお‥
でもやっぱり面白い面白い‥

身も凍る怖さに涙が出そうになりました。
あまりに面白くて、があああーっ!と叫びそうでした。

脚本家さんってすごい!
なんて素敵な職業なんだ!!!

いやいや他人事ではありません‥頑張ります。


♪そしてQさんの「宇宙となかよし」絶賛発売中!

キャンペーンページはこちらです。http://mangyouman.com/amazon1.html

明日18日までキャンペーンはやってくださるそうです。

今、アマゾンで総合2位だそうです!
ちなみに1位は細川ふみえさんの写真集だそうです(笑)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-17 23:54
b0148672_1362393.jpg

♪セバスチャン「お嬢様、いいかげんお仕事をなさってくださいよ」
お嬢様「あら、私やればすぐできるのよ」
セバスチャン「はい、それはよく存じ上げております。ですがそろそろ…」
お嬢様「このお洋服がね、ちょっと気にいらないの。身体にいまいちフィットしないっていうか」
セバスチャン「えー、またでございますか?これでも一生懸命お探ししたんでございますよ」
お嬢様「もっと、私をやわらかく包んでくれる…雲のような、鳥の羽のような、そういう着心地のいいお洋服をさがしてきてちょうだい」
セバスチャン「わかりました…やってみます」
お嬢様「ねえ、セバスチャン、私綺麗?」
セバスチャン「もちろんでございますとも。お嬢様は世界一、いや宇宙一お美しい。それに賢くて、キラキラした魂をお持ちでございます」
お嬢様「あなた、私のこと好き?」
セバスチャン「だーい好きでございますよ。あなたがお生まれになったその日から、片時も離れず、ずっとお世話させていただいてきたのが、この私でございますから」
お嬢様「じゃあ、あなたはどんなことがあっても私を裏切らないわね」
セバスチャン「もちろんでございますとも。お嬢様は私の命でございます」
お嬢様「もう一回言って!もっと大きな声で!」
セバスチャン「おじょうさまは わ た し の  い   の   ち で ご  ざ  い ま  す!!!」
お嬢様「…よろしい。気分がよくなったわ。じゃあそろそろ…」
セバスチャン「(よかった…やっと仕事をしてくれそうだ)」
お嬢様「お茶の時間にしましょう」
セバスチャン「ええーっ!」
お嬢様「私、チョコレートが食べたい」


書くことは今まで、「自分と戦う」ことだと思っていましたが、どうやら違うようです。

私の身体の中にいらっしゃる、ワガママで気位が高く、それでいて傷つきやすい「お嬢様」のご機嫌をとることだとわかってきました。
このお嬢様、本当に手がかかります。
でも、本当はとても優しくて素敵な子なので、私は大好きです。
RPNひなの名言に、「脳内家族」というのがありましたが、私も「体内お嬢様」をお育てすることに、自分の人生をお捧げしたいと思います。


♪そして、ちょっとお仕事をされたお嬢様は、その後「貴族の皆様とのお食事会」に行かれました。お嬢様が貴族の皆様に会われたのは久しぶりでした。

(注:ダンボが小、中、高の独身者限定同窓会、「貴族会」に行ったという話です)

お嬢様は素敵なクリスマスの飾りにうっとりされ、(でびみきちゃん、画像ありがとう!)貴族らしいエレガントな会話を楽しまれました。

驚いたのは、「みんなに祈ってもらえる権利」をくじ引きで決めよう、ということになった時です。
お嬢様はじゃんけんで最下位になって、くじを引く順番が最後になったにもかかわらず、見事「祈ってもらえる権利」を引き当てられました。

そればかりか、お食事もお酒も皆様におごって頂き、そのうえビリケンさんのように皆様からいっぱい感謝までされてしまいました。

最近のお嬢様は本当にツイていらっしゃる、お嬢様のようにお幸せな方はいらっしゃらないなあ、と心から嬉しく思ったセバスチャンでございました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-17 01:36
b0148672_2258248.jpg

♪「ミュージカル 宇宙となかよし」の脚本、ぼちぼち書いてます。

どうなるかわかんないけど、あまり悩むのはやめとこう(笑)
なんとかなるさ♪

‥っていうお気楽な精神状態を続かせるのが、今回の目標です。

悩んで書いてもろくなことはありません。

遊び半分で楽しく楽しく、
でも正直に自分と向かい合う実験をしようと思います。
この上なく素晴らしい実験課題と、実験できる時間が与えられていることに感謝します。


ミュージカルは今後どういう展開を迎えるかわかりませんが
とにもかくにも、Qさん(石田久二さん)の「宇宙となかよし」はもうすぐ発売!

表紙のデザインを見せて頂いた時に「おおーっ!」と思いました。
なんて素敵なんだろう!
ワクワクします。

このご本はなんだかわからないけど、とってもすごいことになってしまうのではないかな、と思いました。

私の日記を読んでくださっている方々の中には
Qさんをご存知ない方もいらっしゃると思いますが、

幸せになるためのヒントがこれでもか!と詰まっている本当に素敵なご本だと思いますので興味のある方はぜひ購入されてみて下さいね!


12月17日(木)にアマゾンで購入されると
豪華な特典が頂けるそうです。

アマゾンキャンペーン用のページはこちらです。
http://mangyouman.com/amazon1.html
(すみません、ブログとリンクしたかったんですが、今なぜかできないんです。申し訳ないんですが、これをコピー&ペーストしてくださいね)

購入されるなら、ぜひ17日にお願いします!



本当に最近の私はいろいろな方々からいっぱいパワーを頂いています。
ありがとうございます。

さあ、またぼちぼちやるか♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-15 22:58
♪今日大切な友人と話していて、いろんなことに気づきました。

人の気持ちって複雑だな。計算通りにいかない。だからとってもいとおしく、面白い。

複雑さを楽しめるようになることが幸せになる秘訣なのかもな、って思いました。
私は複雑さを楽しむ器の大きさがなかったのかもしれません。
だから、割り切れない数式に出会った時にパニックになってました。

複雑ないろいろを楽しめるコツを今日友人から教わった気がします。

キーワードは、マンガチックな日常♪
楽しい感情を分かちあってくれて本当にありがとう!

友人と話していたら、すごく楽しくなって、そして
「大変だ!」
と思いました。

こうしてはいられない。
書かないと書かないと書かないと!

なんかすごく気持ちが盛り上がってきて、
そして書きはじめたら涙が止まらなくなりました。

だからと言って上手く書けているわけじゃないんですが‥とにかく最近、毎日いろんなことを感じさせてもらってます。

節目というか、変化の時だなあって思います。


♪友人からもらった素敵なダメ出し。
「ダンボちゃんはいつも荷物が多すぎる」

本当にそうなんです‥
反省しました。

荷物が多い人は、人生においてもムダな重荷を背負っているってことみたいです。
「ダンボちゃん荷物ちっちゃ!」
って今年中に言われるようになりたいです。
頑張ります!


♪その友人はなぞなぞ好き。
「豚の夫婦が離婚した時にできたお菓子は?」

‥しばらくわかりませんでした。

朝からこんななぞなぞを出題される、彼女のだんなさんは大変‥

いや、とっても素敵なご夫婦だと思いました(笑)









(ちなみに正解は、とんがりコーン‥トンが離婚です)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-15 00:54
♪今日もいろんな人とお話しし、笑い、いっぱい学びました。

そして一言でまとめてしまいますが、すべては自分しだいだとあらためて感じました。

厳しいことを言っていただけるのも褒めていただけるのも、自分の姿をそのまま鏡にうつして頂いてるから。

だから厳しいお言葉は素直に聞けばいいし、褒めて頂いたら謙遜しないでしっかり喜べばいいんだと思います。

(逆に、謙遜してしまったら褒めて下さった方に対して失礼なのだとわかりました)

また、書くことに関しても、今の自分に関心があることや悩んでいることを正直にぶつけていかないといけないんだな、と思いました。
書くことは乗り越えることです。

だから正確に言えば書き終わり、上演が終わった時点で作者にとっては、その話題や悩みは過去のものになっているのかもしれません。
でもそれでいいのだと思います。

それぐらいその時の自分と格闘しないと、素敵なものは生まれないんだろうな、とあらためて勉強になった日でした。


♪私はカスタードクリームが大好きです。

でもパフェにカスタードクリームが使われているものを見たことがありませんでした。
(だいたい生クリームですよね)

今日はじめて見ました。

ワクワクしました。

食べました。

幸せになりました。

‥それだけです(笑)

ありそうでなかった、ささやかな初体験でした♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-13 22:19
♪9日前に、エステティシャンの今野華都子先生にお会いしたいと日記に書いたら、もうお会いできました。
∞みどり∞さんが、彦根での洗顔洗心塾にお誘いくださったからです。

今野先生は世界一のエステティシャンであると同時に、タラサ志摩スパ&リゾートの社長でもいらっしゃるので、「仕事をする」というのはどういうことなのか、真剣に伝えてくださいました。

今野先生のように、すべてを引き受け人の立場に立つことが、本当に人に優しくすることなんだな、と思いました。

そのためにはまず自分に優しくすること。
もっともっと自分を宝物のように大切に扱うことだと思います。

「観音さまのお顔を洗うように、自分のお顔を洗ってごらんなさい」

と言ってくださる今野先生のお言葉の意味が、以前よりわかるようになってきたような気がします。

ただ素敵な考えを知っただけで終わらないで、習慣や行動を少しずつ変えて、
今野先生のような女性に、ゆっくり近づいていきたいです。

今回も素敵なご縁をくださったみどりさん、だんなさまの武田さん、本当にありがとうございました。


♪その後、ココレカちゃんと会ってお喋りしていました。
もう何度も会っていて、劇団てんの作品も何年も前から見てくれている素敵な友達ココレカちゃん。

でも意外なことに二人でお喋りしたのははじめてだったのです。

恋のこと‥歌のこと‥脚本のこと‥いろいろな話が続きました。
とっても楽しかったのですが、私はなぜかモヤモヤしていました。

私は何かココレカちゃんに言いたいはずだったのに、上手く言えていない気がする‥

何時間もたった時ようやくわかりました。

私はココレカちゃんの歌がとっても好きだって言いたかったのです。

きっとココレカちゃんの歌の素敵さは、
たくさんの経験や蓄積、涙や喜びが行間からにじみ出てくる素敵さで、

極端に言えば、歌い出す前からお客様が何かを感じて泣いてしまったりする可能性のある歌い手さんだと思います。

彼女の歌を聞いた時、なぜか、泥水を吸って綺麗な花を咲かせる「蓮の花」を連想したことを思い出しました。

ココレカちゃんはきっとそういう歌が歌えるようになると思うし
私もそういう脚本家になりたいです。

今日お目にかかった今野先生も
泥水をたくさん吸われながらとびきり「優しい花」を咲かせておられる方だと思います。

泥水を、自分の身体の中でろ過する作業が
今野先生のおっしゃる「心と顔を洗う」作業なのかもしれません。

今野先生にお会いして、ココレカちゃんとお喋りしたことで
私がご縁のある方々は本当に素敵な方々だなあ、ということを改めて感じ、

自分がどうなりたいかもまた少しわかった
とても嬉しい日でした。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-12 22:29
b0148672_18183321.jpg

♪今日は「ミュージカル 宇宙となかよし」について考える時間があったので、どうやって書こうかと作戦を練っていました。
正直まだまだなのですが、以前考えていた時よりもいろんなイメージが膨らんでくるのを感じました。

この1年近く、「宇宙となかよし」の脚本を書こう書こうと思いながらも、いざ取りかかろうとすると、全くどうして良いのかわからず絶望してばかりでした。
ですがほんの少し…ほんの少しですが私も成長したみたいです。
この1年間のスランプとか焦りとか、いろんな経験は無駄じゃなかったんだな、と思いホっとしています。
この1年間の素敵な出会いにあらためて感謝しました。


♪で、ちょうどQさんの「宇宙となかよし」プレ出版記念講演会が明日なんだよな…と思っていたら、笑文ちゃんからメールがありました。
笑文ちゃんは明日のQさんの講演会に行くみたいです。
ミラクルを起こしまくっている素敵なお二人が明日も出会われるのか、と思うとワクワクしました。
それをきっかけに、笑文ちゃんの書かれた本、「サイババに呼ばれて インド女一人旅」を読みなおしてしまいました。

そうです。日記でも早くちゃんとご紹介しようと思っていたのですが、私の大切なお友達、笑文ちゃんが本を出版されたのです!


『サイババに呼ばれて インド女一人旅』 2009年11月1日発売
                     文芸社 定価1100円

全国の書店、或いはネットより購入頂けます!



笑文ちゃんはお医者さんで、「みんなが笑顔になること」をいつも考えている、本当に愛に溢れた素敵な女性です。
私とは同い年、そしてお誕生日も近いのです。
彼女は将来「愛と光に溢れた病院」を創るという夢を持っています。
このご本は、彼女が2008〜2009年の年末年始にインドに行き、サイババさんと会われた時の奇跡のような体験記の記録です。

私と笑文ちゃんの出会いは2007年7月7日の、「ツキを呼ぶ魔法の七夕」という五日市剛さんの講演会ですが、
仲良くなったきっかけは、二人ともチュートリアル徳井義実さんのファンだったことです(笑)
笑文ちゃんと私を結び付けてくれて、徳井さん、本当にありがとう!

このご本のもとになった彼女のmixi日記を読んでいる時から、私はこの文章がすごく素敵だと思っていました。
頭でこねくり回さないで、ただ感じたままを素直に書いている、とてもピュアな文章だと思ったのです。
だから、出版されてたくさんの方々が読んでくださることになって、すごく嬉しいです。


今日あらためて読んでみて、「このご本は笑文ちゃんそのものだな」と思いました。

内側から、あったかくて、まぶしいぐらい強い光が溢れている物語です。
「つべこべ言わずに読んでごらん、あったかくて気持ちよくなるよ!」って言いたいです。

でも、私もずっと思っているのですが、人はなかなか「まっすぐに愛を信じ、愛を与える」生き方を選ぶことはできません。
笑文ちゃんのように生きられない人は大勢いるのです。

「宇宙となかよし」の主人公リエコもそんな一人の女性です。
迷ったり…現状に文句を言ってばかり…

同じインドが舞台ということで、「宇宙となかよし」と「サイババに呼ばれて」にはすごく共通点があるのですが、
私は「リエコが笑文ちゃんみたいに、愛を感じられるようになるまでの物語」を書きたいな、と今日あらためて思いました。


♪全く話は変わるのですが、「トミーズ」という神戸のパン屋さんの「あん食(あんこが入った食パン)」が超美味しいです。
数日前に知り合いの方にいただいてから、すごくハマっています。

甘いトーストって、なんでこんなに幸せになるんだろう!
子供のころの幸せな思い出と結び付くからからかな、と思ったりしています。
甘いパン、大好き!

ちなみにこのパン屋さん「トミーズ」さんは漫才師のトミーズさんとは全く関係ないのですが、
どうしても、雅さんと健ちゃんがパンを作っている光景が思い浮かんでしまいます‥
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-11 18:18