人気ブログランキング |

舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:舞台( 51 )

いろいろやることがあってバタバタしはじめましたが、あいかわらず楽しいです!
太宰さん、前から気に入ってやっていましたが、どんどん楽しくなってきました。

私の出るシーンはほんの短いシーンなんですが、すごく面白いシーンだな、とあらためて感じはじめました。
稽古はじめのころは、こういう面白さがあることに気づいていませんでした。
太宰さんの役とご縁をいただいたことを感謝します。

公演特設ブログで私の紹介をしていただいたのですが、やはり脚本家の北村想さんの太宰治の表現には独特のものがあるみたいです。

公演が終わっても、私は太宰さんや北村想さんにずっとハマり続けるだろうな…

余談ですが、特設ブログでは、私はこのブログでもはっきり書いていなかった恋の話を書いてしまいました…。
最近、いろいろ珍しいことが起こりますが、すべてが楽しくありがたいです。

まだちゃんとお知らせできてない方がいっぱいいらっしゃるのですが…
公演、たくさんの方に観にきていただきたいです。
よろしくお願いします!
by dumbo-kakeru | 2008-10-09 23:59 | 舞台

アクションシーン!

今日は、舞台を使ってアクションシーンの稽古があり、アクションシーンに全く関係のない私は
ただただ
「すごい!ステキ~♡」
とうっとり、見ていました。

私は自分のかかわった舞台で、アクションシーンをあまり経験したことがないのですが、役者さんたちの「現実離れした動き」を見ていると、こんなにワクワクするもんなんだな、と思いました。
やっぱり舞台は夢の世界!

今回はアクションシーンに関係なかったけど、次回はこういうシーンにも参加させてもらいたいなあ~、と思いながら見ていて、
「あれ?私、また舞台に出るつもりなんかい!」
と自分にツッコミました(笑)

本番まで一週間ですが、悔いのないよう、いろんなことを感じ、すべてを楽しんで過ごしたいです。

余談ですが、以前一緒にミュージカルスクールで学んだ仲間が、久しぶりに連絡をくれて、とっても嬉しかったです!
なんでも、偶然このブログを見つけて、毎日読んでいてくれているとか♪

最近、「ブログ読んでるよ」「元気そうだね!」と、ちょくちょく言っていただけます。
すごく励みになります、ありがとうございます!

たいしたことは書けないのですが、とにかく楽しく楽しく毎日を過ごして、それで感じたことを記録していきたいと思います☆
by dumbo-kakeru | 2008-10-08 23:59 | 舞台
今日から舞台に、セットが仕込まれました。
仕込みました!
こんなに早い段階で仕込みがあるというのは、普通ではなかなか考えられないことです。
劇場プロデュース公演だからできることで、本当にありがたいです!

で、セットですが、見た出演者がみんな歓声をあげるほど、とにかくとにかくステキでした!
2階部分もあって、いろんな要素がコラージュみたいに組み合わさっています。
まるでディズニーランドのアトラクションみたいでした。
やっぱり舞台って「夢の世界」だということをあらためて感じました。

こういう空間でお芝居できるというのがすごく幸せです。
そして、私も今後脚本を書く時は、「夢の世界」を表現できるようなものを書きたいな、とあらためて思いました。

早くこのセットに慣れて、自由に動けるようになりたいです。
観にきてくださる皆さん、舞台セットもぜひ楽しみにいらしてくださいね!
by dumbo-kakeru | 2008-10-06 23:59 | 舞台
28日の稽古は、ダンスの猛特訓でした。
ダンサーチームの方々がご指導してくださり、鏡の前でずっと踊っていたのですが…

思った以上に自分が出来ていないことに愕然としました。
超ショックでした!

私は歌や台詞に苦手意識はあったのですが、ダンスはまだましだと思っていたようなんです。
ところが全然動けてないじゃんっ!!!

ちゃんとレッスンしていた8年前にはもうちょっと出来ていたはずだと思ってしまうのですが、やはり8年間のブランクは大きいですね。
あまりに悔しくて眠れず、久しぶりに夜中にケーキとかアイスとかのやけ食いをしました…

最近ずっとご機嫌さんで過ごしていたのに、落ち込むともうダメですね。
私は脚本家なのに、なんで今さらこんな苦労しているんだろうかとか。
なんでオーディションを受けたんだろうとか。
できなくて、まわりの方にものすごく迷惑をかけているんじゃないだろうかとか。
そもそも、私の持ってる夢なんて、絶対叶わないんじゃないだろうかとか。

いろいろグチャグチャと考え、さんざんマイナス思考に陥ってふと気づきました。

こういう気持ち、「自分を責めまくる気持ち」って、たぶん太宰さんの芝居に使えるぞ!
私が夜中にケーキを食べたくなるように
太宰さんは薬を飲みたくなったわけだな…ふむふむ…

そう思ったら、「悔しい思い」をしたことの「モトがとれた」という気になって、
少し納得してしまいました。

最近和気道のレッスンを通して、
心や身体がいい状態でいることを、いつも目標にしているんです。
それなのに、こんなに「悔しい!」ってなってしまったのは、絶対意味があるはずです。
それが本当に太宰さんのためかどうかわからないですが、この気持ちを糧にして、とりあえずいろいろ試行錯誤してみようと思いました。

そんなこんなでむかえた今朝、
日本の神様カードをひいたら、今まで一回も引いたことのない「建御名方神(たけみなかたのかみ)」さんが出てきました。
そのメッセージは…

あなたの夢を教えてください。本当にやりたいことはなんですか?
もう一度自分に問いかけてみましょう。
その夢に手が届きそうにないと思えても、チャレンジするだけの価値があります。
自分の中の疑いに勝てるように私が助けましょう。
「自らの疑いに勝ち、信じるものによって立て。起きることを信頼せよ」


は~い、わかりました!
ちょうど今夜は、願いの叶いやすいといわれる新月ですね。
たまには落ち込んでもいいです。
でも夢は絶対あきらめません。
信頼し、願い続けます!
by dumbo-kakeru | 2008-09-28 23:59 | 舞台

気持ちを埋めたい。

ブログの更新がちょっと遅れてしまいましたが…
18日は脚本の〆切に追われてちょっとバタバタしました。

舞台の稽古に参加しながら脚本を書くというのは、私にとって初挑戦なのですが、大変ながらも一応なんとかなっています。

究極に忙しくならないように、不思議とうまくスケジュール調整ができている感じで、
「私は守られてるな」ってやっぱり思うのです。

昨日のブログにも書きましたが、最近、小さいラッキーやシンクロが多くて
とても楽しくありがたいです。
感謝します☆彡

さて、18日はSweetチームの稽古でした。
この日感じたことは
「しっかり気持ちを埋めて舞台に立ちたいな」
ということでした。

私は今まで役者さんを「観る」側だったので、よくわかったのですが
役者さんの「気持ちが埋まっていない」というか
「腑に落ちていない瞬間」って、観ていてバレバレだったんです。

でも実際舞台に立つ側になると、どの瞬間も
「気持ちが埋まっている」というのは大変なことなのだな、って思いました。

とくに今回の台本は、少し難解な台本なので、
みんな、「このシーンの私はどんな気持ちでいたらいいの?」
って迷っている部分があるみたいです。

でも迷うのも悩むのも楽しい作業♪
しっかり「気持ちを埋めて」
いっぱい「心を動かすことを」
楽しめたらいいな、と思います♪
by dumbo-kakeru | 2008-09-18 23:59 | 舞台

珍しい経験&シンクロ!

音楽劇の宣伝用に、出演者の写真を撮っていただきました!
写真撮影

本番用の衣裳がまだ決まっていないので、「探偵」というイメージでそれぞれ衣裳を用意しました。
稽古場はコスプレ大会で、とっても楽しかったです♪

衣裳を着て写真を撮ってもらうという経験も、役者さんなら多いと思いますが、私にとってはすごく珍しいことなんです。
本当に、今経験していることの一瞬一瞬が、とても珍しくありがたいことだなあ、と感じます。

7月24日の私の誕生日に、marieさんが私のためにオラクルカードをひいてくださったのですが、
更新前の"coffee break"---ローマの休日と、『不器用なひと』の思い出---

その時に伝えてくださった
”新しいチャンスととても珍しい体験があなたを待っています。
素晴らしく輝かしい出来事が起こります。”


というのは、まさに今の状況だったのかもしれないなあ、なんて思っています。
(marieさん、本当に素敵なメッセージをありがとうございます♡)

戸惑うことも緊張することも疲れることも幸せを感じることも
楽しいと感じることも胸がいっぱいになって涙が出ることも
全部、珍しくて大切な経験です。

しっかり味わっていこうと思います!
てなわけで…

↓コナン君になった可愛いけんけん(高倉美穂さん)とツーショット♪
b0148672_12482559.jpg


……………と写真を載せて、ここでブログを終わらせようとしたのですが…
きゃあ!今ちょっとしたシンクロを発見してしまいました!

marieさんのブログは、もともと三年前の7月24日に書かれたもので、今年それに私へのメッセージを加えてくださったのですが…
三年前の記事には、marieさんがローマで高倉健さんと偶然出逢った素敵なお話が書いてありますよね!

で、一緒に写真を撮ってくれた高倉美穂さんがなぜ「けん」もしくは「けんけん」と呼ばれているかというと、「高倉」さんだからなのです!
うわ~い!(^^)!

思いがけないシンクロに、なんだかすごく楽しくなっちゃいました!
シンクロって、遊び心のある神様からのプレゼントみたいで、嬉しいです!
by dumbo-kakeru | 2008-09-17 23:59 | 舞台

立ち位置

先日の月光浴に続き、今日はちょっとだけ「日光浴」をしたので、すごく幸せになりました。
少し涼しくなって、お日さまのありがたさがわかりますね。

今日はお芝居の稽古が休みなので、その幸せ気分を保ったまま、脚本が書ければいいなと思ってます。

昨日までの稽古で、演出家の岩崎さんが演出をつけてくださったので、少しだけ自分の「立ち位置」がわかって、「太宰」が楽しくなりはじめました。
「太宰」はおだやかな人物に描かれていると思っていましたが、実は全然おだやかではなさそうです。
作品において、自分の「立ち位置」がわかると、安心するものなんですね。
役者さんの気持ちがわかりました。

とにかく、今回役者をやらせていただいていることが、今後脚本を書くときに、ものすごく役立つと思います。
本当にありがたいです。
この経験を生かして、これからは、
「これはどういうシーンで、どんな登場人物で、どういう台詞なのか」
ってことをきちんと示せる脚本を書けるようになりたいです。

ところで昨日、岩崎さんに
「山本さんは眉間にシワが寄ることはあるの?」
って聞かれました。

はい、しょっちゅうです。
とくに脚本を書いている時は寄りまくりです。
でも、私は「太宰治さん」みたいに早死にせずに
明るく楽しく、長生きしたいですから…

お日さまを楽しみ、お月さまを眺めながら、
毎日ノーテンキに過ごすことを目標にします♪
by dumbo-kakeru | 2008-09-16 18:00 | 舞台

ありがたい出会い!

昨日書いたみたいに、あまり「深い考えもなく」、出させていただくことになった今回の音楽劇…
でもラッキーなことに、私にとって本当にありがたい機会だなあ、と実感しはじめました。

お芝居に登場する作家たちに出会えたのもありがたいですし、
出演者の方々も、普段いろんな活動をされている、面白い方々なのだということがだんだんわかってきました。
私と同じように、脚本を書かれている方もいらっしゃいます。

それに、みなさんとても明るくて前向きで、マイナスオーラを出す方が全然いないんですね。
当たり前のことかもしれませんが、これはすごい幸せなことだと思います。

「私は役者じゃないなあ…」と気後れしてしまうなんて、非常にもったいないことのようです。
稽古も飲み会も(笑)、思いきり楽しんで、今しかできない経験をしたいと思います。
いっぱい刺激を受けさせていただこうと思います。

まだ人見知りな性格がちょっと邪魔をしていますが…
私も少しでも、いいエネルギーを出すことができたらなあ!

ほんまに私は、幸せ者です♪
by dumbo-kakeru | 2008-09-13 23:59 | 舞台
突然ですが、人間の生き方には、大きく分けて二つの種類があると思います。

①「目標」を立てて、それに向かって着実に努力を積み重ねる生き方。
②それと反対に、とくに「目標」は立てず、何かしらのご縁で「やるはめになったことを「はいはい」とやる生き方。


私は今まで、①のやり方を中心に生きていた気がするのですが、最近は②も大事だなあ、と思っているのです。
8年間ぐらい、「一流の脚本家になりたい!」と思って自分なりに一生懸命努力してきたのですが、そういう「自己流」の努力の仕方では、どこか限界があるなあ、と感じたからです。

だから最近は、脚本だけでなく、気功をやったり役者をやったり、ご縁を感じるいろんなことをしています。
すると、何をやるのも楽しいのですが、時々目標がわからなくなって、
「私はどこに行こうとしているんだろう?」
と不安に思うこともあります。

10月の音楽劇も、もちろんオーディションを受けたのは私自身なのですが、
実はあんまり深い考えはありませんでした。

「どうしても出たい!」と思っていたわけではないし、気になる役もあったけれど、
他の役者さんほど強い思いで「この役がやりたい!」と思っていたわけではありませんでした。
また、今も他の脚本を書いているので、気分が「役者」になりきれず、「脚本家」をひきずって稽古をしている気もしました。

だから、「私はいいかげんな気持ちで出ようとしているのではないだろうか?」
と少し申し訳ない気持ちにもなりました。
でも、これが今の私の気持ちなのだから、やっぱり正直に、自然体でいようと思いました。

その結果、いただいた役がもし女性の役ならば、
「女性らしくなりなさい」
と神様に言われているのだろうし、
コメディタッチの役ならば
「三枚目な部分を大事にしなさい」
と神様に言われているってことだから、そのご縁を受け入れて、なんでも楽しんでやろう、と思いました。

で結果的に、「太宰治」をモデルとした、「太宰修治」という役になりました。
この作品の中では、あまり大きい役ではありません。
だから一瞬、ほんのちょっとだけ、がっかりしてしまったのですが…

でもすぐに思いました。
とても偉大な作家を演じられるのは、ありがたいことだな、と。
しかも、有名な方なので、資料もたくさんあります。
「神様からのギフトに間違いないな」、と感じました。

私は「太宰治」に、あまり詳しくなかったのですが、調べていくと、彼の生き方には、とても共感できます。
今さらですが、「なんて魅力的な方だろう!」と思いました。
「作家」としてすごく影響を受けそうで、ワクワクしはじめました。

私は100パーセント役者ではないかもしれないけれど、
今回、「作家」をひきずりながら「作家を演じて」良いと、神様に許可をいただいた気がしました。

素敵なご縁に感謝しています。
まわりの方にご迷惑をかけないように、
そして少しでも良いエネルギーを出せるように、
楽しんで取り組んでいきたいと思います。
by dumbo-kakeru | 2008-09-12 18:23 | 舞台
10月の音楽劇、「嗚呼、私の探偵は!」のキャスティングが決まりました。
私は、「太宰治」をモデルにした、「太宰修治」という役になりました。

あまり出番は多くないのですが、有名な作家の役だというところが嬉しいです。
いろいろ役について調べたり、考えたりするのも役者の楽しい作業ですが、私の場合は、やはり「役者」としてより「作家」として、彼に影響を受ける気がしています。

私は太宰治さんの人生についてあまり知らなかったのですが、
彼は「同年代の作家の中で、一番神を求めた作家」だそうです。

そしてこの作品の中では、とてもおだやかな人物に描かれています。
私は彼に共感できるところが、きっと沢山あると思います。

他にも見せ場の多い、やりたかった役はあったのですが
決まってしまえば、この役をいただいたことが、やはり自分にとってベストの出来事なんだろうな、という気がしてきました。

楽しみます!
とても面白い作品になると思うので、ぜひ観にいらしてくださいね!
by dumbo-kakeru | 2008-09-11 23:59 | 舞台