舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2009年 12月 10日 ( 2 )

♪今日、いきなり腑に落ちたことがあります。
「そうか…そうだったのか…」と。

私には、まだ叶っていないいくつかの夢があるのですが、
今までの私は、その夢が叶わないのは
私の努力が足りないか、やり方がまずいんだと思っていたのです。

でもきっとそうじゃない。

夢が実現するためには、きっと神様が「ちょん」と、ほんの少し背中を押してくださることが必要なのでしょう。
その「ちょん」がまだ訪れていないだけなのですね。

「あなたの努力が足りないわけじゃない」

そう、誰かから言っていただいたような気がしました。
「そのままの自分」で、安心して、
その「ちょん」が訪れるのを待ちたいと思います。

そしてもし万が一、「ちょん」が永遠に訪れなくてもかまわないのです。

「ちょん」は神様がなさることなので
私がとやかく言えることではありません。

待っていればきっと、神様は全部良いようにして下さいます。

それに、夢が見れたってこと自体が最高に幸せなことだったんですから。

「あなたはそのままでいいんだよ」
そう誰かから言ってもらえることほど、ホッとすることはないと思います。

でも私は、そのままの自分ではダメだと思ってたから、
きっとご縁ある大切な方々にも、無意識のうちに
「そのままのあなたではダメです。変わってください」っていうメッセージを投げかけていたのかもしれません。

辛い思いをさせてしまっていたとしたら、本当にごめんなさい。

どうか許してくださいね。


私は、そのままの自分で安心できるような人になりたいし、
そのままの自分をありのまま表現できるような脚本家になりたいです。

そして今はまだ出来ていないけれども、近いうちに、

ありのままの自分の分身のような作品を創れるようになりたいと思っています。


‥ふと思い出したのですが、
昨年の私のお誕生日に、大好きな、まるで私のお母さんのような方が
メッセージをくださいました。

そのメッセージを見たとたん、涙が溢れ、許されたような気持ちになったことを思い出しました。

そのメッセージの
「ダンボちゃん」という言葉を「あなた」に変えて、
今の自分と、大切な方々に贈りたいと思います。



「大好きなあなたへ


あなたに出会えて嬉しかったよ。

これからもワクワクする事を一杯体験していこうね。

何事も自分のペースで選んでいけばよいからね。

無理に合わせたり無理やりハイテンションにならなくても良いからね。

いつも‥いつも‥あなたの気持ちそのままで良いからね。

そのままのあなたが1番素敵なのです。

物事を落ち着いて深く考えるあなたの魅力は素敵ですよ。

益々、個性豊かに輝いてください。

またお会いできる日を楽しみにしていますね。


ダンボより」
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-10 18:22
♪復活いたしました。

パワーを送ってくださった皆様、ありがとうございます!

今世紀最大に落ち込んだと思ったのですが、立ち直りも今世紀最大に早かったです。

ま、もともと落ち込んだ理由が脚本のことですから、落ち込むのも幸せのうちだったのです。

一度上下がって上がったから余計に幸せを感じます。

リニューアルダンボで、今度こそ脚本に結果を出せるよう頑張ります。

本当にありがとうございました。


♪復活した私には、すごくラッキーな出会いがありました。

画家の天使河原紫翠(てしがわらしすい)先生とカラー心理セラピスト&画家の寺田のり子先生ご夫妻です。

私は11月に「1/4の奇跡〜本当のことだから」というドキュメンタリー映画を見せて頂く機会があり、ものすごく感動したのですが、

その映画の入江冨美子監督が次に撮られた映画が「光彩〜ひかり〜の奇跡」でした。

その映画というのが、寺田先生と天使河原先生に関するドキュメンタリーだったのです。

私はネットで映画の予告動画を見た途端、なぜかすごくお二人の先生にお会いしたいな、と思いました。

するとちょうど今週、お二人の個展が大阪で開かれることを知り、今日行かせて頂いたわけです。

あっという間にお会いできたお二人は、思ったとおりとても素敵な方でした。

そしてお話していると、驚くことに、私と関連するキーワードがたくさん出てきました。

やっぱり私がお会いすべき方々だったのだな、と思いました。

このお二人にお会いできたことで、私の人生はさらに導かれるような気がします。

ご縁って本当に不思議です。
時々思いがけない出会いがあります。
感謝しながら、前に進みたいと思います。


♪天使河原先生の描かれた絵で、私がどうしても目が放せなくなった絵があります。

残念ながら写真を撮ることができなかったのですが

「遥けし夢〜時は宝なり」というタイトルの絵でした。
青空に白い雲と白い鳥と真っ赤な自転車が浮かんでいて
ひまわりと朝顔も咲いています。

青空には赤い扉も浮かんでいて、そこからドラえもんのどこでもドアのように、異次元に行けそうな気がしました。

子供の頃の夏休みの思い出と、未来への楽しい夢が一つにつながって
赤い自転車でどこまでも走って行きたくなる、そんな素敵な絵でした。

(でも絵を言葉で説明するのは難しいです。上手く説明できなくてごめんなさい‥)

とにかく楽しくてワクワクして、夢がいっぱい溢れてくる絵でした。


あの赤い自転車に絶対乗りたいな、あの自転車に乗って楽しいことをいっぱいしたいな、と思いました。


‥本当は私、自転車に乗れないのですが(笑)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-12-10 00:35