舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

テノヒラサイズさん、おめでとうございます!

アメリカ村芝居バトルの結果が出ました。
テノヒラサイズさんが優勝されました!

わ~い!おめでとうございます!!!パチパチパチ!!!

自分の劇団が負けたのに、なぜか素直に嬉しいです。
本当に本当に嬉しいです!

私は全部の劇団の作品を会場で見たのですが、
正直、テノヒラサイズさんがダントツにいいなあ~と思ったのです。

自分たちに出来ることをちゃんと見極めて
迷いなく表現されていたし、
どの劇団よりも「サスペンス」だったし、
本当に素晴らしくて、
思わずファンになってしまいました。

テノヒラサイズさんが優勝されたということは、お客さまもちゃんとした目で評価してくださったんだな、と思い、
あらためて、いいイベントだったんだな、と思いました。
芝居バトルに参加させていただけたことに感謝します。

テノヒラサイズさんが優勝されたことで、自分の、「物事を見る目」にも自信を持ってしまいました。
私は、なぜか自分には「本物の表現」と「うわべだけの表現」の違いはわかると思っているのです。

だから客観的に見て、
テノヒラサイズさんは本物だと思ったし、
劇団てんは「惜しい!」と思いました。

劇団てんが面白くないわけじゃない。
本当に実力があって、きっちりした作品に仕上がっている。
だけど、本物になるためには、あと少し、ちょっとした「なにか」が必要なのだと思いました。

それはもちろん、私の脚本のせいであるとも思います。
だから私は、もっと感覚を研ぎ澄まし、
「自分は何を書くべきなのか」
を見つけていかないといけません。

まわりを気にするのではなく、
自分自身を大切にしなければ…

それは難しい作業のようにも思えるんですが、
希望を持っています。

もう少し、あとほんの少しで、
それが見えるようになるぞ!と…。

当たり前に見える世界の中で、
「これを書いてちょうだい!」
とキラっと光るものがあります。

それを見通せる目を
自分が持っている、ということに自信を持てさえすれば、
あとは大丈夫です。
どんどん書くだけです。

もうすぐそういう状態になれる気がします☆
そのことを信じたいと思います。

キラっと光るものを見つける目を持てるよう、私も精進しますから、
キラっと光るものたちよ、私に話しかけてくださいね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-08-07 12:07 | 舞台