舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー

<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

これでいいのだ。

赤塚不二夫さんのお葬式で、弔辞を読まれたタモリさんに感動しました。
赤塚さんはすべての物事を肯定的にとらえられる方だったそうです。そこから、

「これでいいのだ」
という台詞が生まれたのだとタモリさんは言われました。

「これでいいのだ」

この言葉がこんなに深い意味だったことをはじめて知りました。
すべてを認め、受け入れることで、人は自由になれるのですね。

いかなる瞬間でも
「これでいいのだ」とのんびり笑っていられる、風のように自由な人になりたいと思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-12 00:29

脱皮完了!

今朝起きたら、風がとっても気持ちよくて、
その瞬間、まるでセミの脱皮が完了したように、心の殻が破れて、楽になりました。

…そっか、疑わないことって、こんなに自由なんだ…
そして、ある方に言われた言葉を思い出しました。

「ダンボさんは、何かの行動を起こしてから、それが結果に結びつくまで、タイムラグがあるタイプみたいですね。
その間、自分のやったことが正しかったか間違っていたか心配になってしまうと思うけど、思ったとおりにやっていたらまず間違えることなんてないので、大丈夫ですよ(^_^)」

は~い☆彡
「やりたいな」と思ったことを心に正直にやって、
あとは疑わず、風に吹かれるように、のほほんとしていましょう。
きっと何もかもうまくいくはず!

ここ数日間いろいろあったのですが、
そのおかげで私の中のインナーチャイルドを癒せたみたいで
すっかり楽になりました。

きっと心のパワーも増大したはず!
そのパワーを使って、
これからは、まわりの方々を楽しませるような計画を
もっともっと企てていければなぁ、と思います♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-10 18:12 | つれづれ

信じること。

最近、急に自分の感性が変わってきた気がします。
でもまだ変わっていく途中のようで、自分でも戸惑っているのです。

逃げなのかもしれませんが、今までのような感覚で文章が書けなくなりました。
かといって、新たな書き方もよくわからない…
毎日ブログを書くことにしているので、こんな状態も正直に記録するしかありません。

半分脱皮しかかったセミのようです。
中途半端でカッコ悪く、「私はどこに向かおうとしているんだろう?」という不安が出てきます。

そんな時、こんな言葉を目にしました。
「疑いを持ってはいけない。信じなさい」

そうですね。
きっとすべてはより良い方向に向かっているのですね。
新たなステージ、新たな幸せへ向かっているのですね。
信じます。

信じることが、何よりも尊いパワーになることを信じます☆
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-09 23:42 | つれづれ

身体を感じよう。

最近、気功を中心として、「身体の感覚に敏感になる」ということをテーマにしています。

今日、炎天下の道路を歩きながらも、それを意識していたら、不思議なことに気づきました。
「暑いけど不快じゃない!」

まるで植物になった気がしたのです。
何もかも受け入れ、光合成をしながら淡々と生きている植物…
暑いと判断しているのは人間の頭だったのですね。

私は今後、頭よりも、身体の反応をを信用していきたいと思います。
そうすることで、一瞬一瞬をより楽しめるのではないかと思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-08 23:59 | つれづれ

つい最近のこと…
わけもなく懐かしくて、とめどなく涙が流れたことがありました。
あたたかい涙でした…

その時から何かに気づくことができた気がします。
大切なものを思い出せた気がします。

まだいろんなことが整理できていなくて、ブログにも上手く書けないのですが、
人はいつも、優しい存在に守られているんだなって感じました。
どんな人も、決して一人じゃない。

そして誰もがやるべきことは、
いつも感謝しながら、自分の幸せを創っていくこと。
夢を叶えていくことだと思いました。

とにかく、今日はとてもいい一日でした。
ありがとうございました☆彡
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-07 23:58 | 大好き!

バレエの発表会

数日前の日記に書いたのですが、私は小さいころからバレエを習っていました。
私が舞台好きになった原点は確実にバレエです。
バレエは、私の憧れの象徴でした。

でもそのバレエスクールには上手な方々が沢山いたことで、
いつのまにか私は「下手くそな自分はダメな人間なんだ」という自己卑下する気持ちをふくらませてしまいました。
もうちょっと努力すればよかったと今になって思うのですが、当時は
「どうせ私なんかやってもムダ」
といじけてしまい、あまり真剣にバレエに取り組まなかったのです。

その結果、バレエがすっかりトラウマになってしまい、そのスクールをやめてから発表会に一度も行く勇気がありませんでした。
そうして月日は流れ、お世話になった二人の先生は、亡くなられてしまいました。

でも今年はじめて、発表会を観に行けました!
約20年ぶりの発表会!
トラウマを解消するために20年かかったなんて、本当にバカだなあ、と思います。

発表会は、いろいろな意味で、私がいたころとあまり変わってませんでした。
美しい音楽、綺麗なお衣裳、あたたかい先生方…

こんなに沢山の愛に囲まれながら、いったい私は何を「いじけて」いたんでしょう…

愛を感じることが下手くそな子供だったのだな、と思います。
今になって、昔優しくしてくれた方々にお礼を言いたい気持ちです。
「私に美しいものをいっぱい見せてくださって、ありがとうございました」
それが、私の人生の宝物です。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-06 23:53 | 舞台

大好きやねん!

さっきまで、立て続けに4人の方とお電話でお喋りしていました。
横浜、名古屋、大阪、京都。
住んでいる場所はさまざまだけど、皆さん私の大切な魂の友人!
そして、皆さん、去年の7月7日、「ツキを呼ぶ魔法の七夕」に出席された方ばかり!

住んでいる場所も離れていて、いつもお逢いしているわけでもない方々なのに、非常に繋がりができる方がいる。
大好きだと思える方がいる。

以前の私にはそんなことはありえなかったので、なんだか自分の生き方が変わってきたのかな、と思います、
「魂の欲求」みたいなのに素直になってきたのかもしれないです。

そして、文明が発達しているおかげで、「話したい!」という方とすぐ話せて
交通費さえあれば、「会いたい!」という方に会えるのも、いい時代ですよね。
本当に、いい時代だ♪

さて、今日はちらっと「ちちんぷいぷい」を見ていたのですが、ロザンの宇治原くんと菅ちゃんの2人に感動しました。

去年のオーサカキングで、菅ちゃんは太鼓のパフォーマンスをし、大喝采を浴びたのですが、今年のオーサカキングでは三線を演奏する宇治原くんが主役!
なのに結局、宇治原くんにはサプライズで菅ちゃんが登場!カメラの前で堂々と踊り、オイシイところを全部持っていってしまう、というオチになっていました。

ステージが終わってからの2人が良かった!
「(目立ってしまって)すみませんでした!」と宇治原くんに土下座で謝る菅ちゃん。
「こちらこそ、助かりました!」とこれまた菅ちゃんに土下座で感謝する宇治原くん。

宇治原くんは、自分の演奏だけで皆さんが感動してくれるのか不安だったので、菅ちゃんが出てきてオチをつけてくれたことにホっとしたようです。
その証拠に、サプライズで菅ちゃんが出てきたとき、宇治原くんはすっごく嬉しそうな顔していたなあ。
芸能界一の秀才といわれる宇治原くんも、菅ちゃんがいないと心細いんですね。

たしかロザンの二人は、学生時代からの親友だったと思いますが、大学が別々になってしまい、宇治原くんと会いたくてたまらなくなった菅ちゃんが、漫才コンビを組もうと誘ったと聞いたことがあります。

そのとき菅ちゃんは宇治原くんに「大好きやねん!」
と素直に伝えたのでしょうね。
それで、今の2人がある。

人とのご縁ってとっても不思議で、かけがえのないものだから、
本当に大好きで、繋がりたい人には
素直になって、「好きです」って言葉で伝えちゃった方がいい場合もあるのかもしれないなあ、なんて思いました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-05 23:26 | 大好き!

○○

私はブログを書きはじめたのと同時に、さまざまな事に気づきはじめました。

もともと、頑張りたいことは「執筆活動」だけだったのに、それに「気功」が加わり、「インプロ」が加わったことで、なんとなくこの先の活動は、「気功」「執筆」「インプロ」の三つを柱に枝分かれしていくんだな、とイメージできるようになってきました。

小説のお仕事もあるし、秋には舞台出演もあるし、RPO関係で試したいこともあるし、目標はいっぱい見つかってきました。
「花を咲かせるための種」はもう沢山手の中にある、という感じです。

それなのにここ数週間、なんとなく気持ちが落ち込んだり、だらけてしまっていました。
早く種をまき、水をやって育てないといけないのに、なかなか動き出せなかったのです。

ですが…
今日ある方に言われた言葉により、ダンボさんに見事にスイッチが入りました!

「○○を上手くいかせるためには、○○を頑張ってはいけない。
しっかり前を見て、自分のやるべきことを着実にやっていけば、○○が勝手に近づいてくる」

そっか!
この言葉がしっかり腑に落ちたんです。

さあ、問題です。○○には何が入るでしょう?
皆さんきっとおわかりですね!(*^_^*)

私は「気功」「執筆」「インプロ」などに関することと同時に、最近私には○○に関する夢も生まれたのです。
そして、夢は叶えるためにある!!!

私にはもうスイッチが入りましたので、何もかも、全部楽しく頑張れます♪
だけど万が一、スイッチが切れているのを見かけたら、
「○○が来ないよ!」
と注意してくださいね(^_^;)

さあ~楽しみだ♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-04 23:42 |

即興!!!

昨日からはじまったアンサンブル・ゾネの岡登志子先生のダンスワークショップの二日目に参加しました。
これは、トランペットの即興演奏とコラボして即興で踊る、というのが最終目的のワークショップです。
ワークショップが行なわれた場所は、芦屋市立美術博物館の中という、とてもユニークな場所。
この二日間は、私にとって、今までに経験したことのない、非常に刺激的な経験になりました。

「即興」というのは、大きく分けると、次の二つの刺激から生まれてくると思います。

①自分の内側の欲求…つまり今回の場合は、「身体」が要求する動き。

②自分の外側の刺激…つまり今回の場合は、「トランペットの音色」「美術博物館独特の空間の雰囲気」「他の参加者の動き」など。

私は今、「気功」と「インプロ(即興劇)」にハマっていますが、「気功」は自分を①に反応しやすくする方法だと思います。
「インプロ」は、②に反応しやすくする方法だと思います。

その意味でも、今の私に必要なもの、興味あることが全部つまったワークショップでした。
①や②の刺激により、自分でも全く想像していなかった「動き」が生まれていくのがとっても面白かったです。
岡先生もとても素敵で大好きになりました。10月の音楽劇で振付をしていただけるのが嬉しいです。

「即興」…まだ苦手意識があるのですが、自分を①や②の刺激に「ゆだねる」ことができたら、すごく楽しい表現方法だと思います。
要するに、「自我」がなくなると、「即興」が上手になるんだろうな、と思います。
そして、直観も冴え、「ツイてる」ことがいっぱい起きるんじゃないかな、と思います。
これからも、「即興」という分野を大切に思って、追求していきたいです。


でも、少しは私も「ゆだねる」ことができるようになったのか、今日とってもツイてることがありました!
ワークショップ会場の「芦屋市立美術博物館」は住宅街の中で、電車の駅からはちょっと行きにくい場所にあるのですが…
昨日は行きはタクシー、帰りは他の方とご一緒だったので、今日ちゃんと一人で行けるか少し心配だったのです。

でも今日の「行き」は、バス停で同じワークショップを受ける方と偶然出会い、全く迷わずに博物館にまで案内していただけました♡

「帰り」は、もう一人の方とご一緒にバス停まで行こうとしたら、これまたワークショップの参加者が「駅まで送るよ」と言って2人とも車に乗せてくださり…
しかも車の中で、偶然3人の家が、非常にご近所さんだと判明!
駅までどころか、自宅の近くまで送っていただけました♡
どう考えても、非常にツイていました!

もともと運の良い私ですが
これからさらに「ツキ体質」になってくる予感がします。

そのためにも、今自分が興味を持っていることに正直になって、
楽しいことをいっぱいしていきたいな♪と思いました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-03 23:33 | つれづれ

「氣」の力

ブログの文章にどれだけあらわれていたかわかりませんが、最近私はちょっと悩み、落ち込んでいました。
落ち込むと何もかも嫌になります。
昨日、そんな状態で、大王後藤ひろひとさんの書かれた作品、タニマチ金魚の「更年期SHOW GIRL」を観に行きました。
いやあ…素晴らしく楽しかった!
気持ちよいぐらい笑いに溢れた舞台で、私は落ち込んでいたのにもかかわらず、大王の魔法にやられてしまいました。

その夜、深夜にテレビで見た「ラ・バヤデール」の湯川麻美子さんも、存在感ある素晴らしい演技と踊りで、とっても感動しました。
全くジャンルの違う二つの素晴らしい舞台を見た私は
「落ち込んではいられない!私にも皆さんを幸せにする舞台を創るっていう夢があるじゃないか!」
と、自分を奮い立たせたのです。

でも…いくら「元気を出そう」と思っても、一度へこんでしまった心は簡単にはもとに戻りません。
わかっちゃいるけど、なかなか気合いが入らない…
そんな不安定な状態で今日の日を迎えたのですが…

今日の朝、参加した「気功」のレッスンがすべてを変えてくれました。
私の通いはじめた「観月流和気道」のメソッドというのは、本当に素晴らしいもので、ネガティブな心と体を、もとのあるべき快適な状態(ニュートラル・ポジション)に戻してくれるのです。
前から良いものだと思っていたのですが、今日ほど、その効果を実感できたことはありませんでした。

今までと状況は何も変わってないのに、気功レッスンが終わった私は、なぜだかスキップでもしたい気分♪

そのまま今日は、アンサンブル・ゾネの岡登志子先生のダンスワークショップにも参加しました。
岡先生は、今度私が出る舞台の振り付け家でもあるのですが、
そのレッスン内容が、なぜかまたすごく気功レッスンの内容と共通していたのです。

丹田に意識を集中すること。
自分の体にとって気持ちのよい動きをすること。
呼吸からすべてがはじまること。

1時間半ダンスのレッスンをしたというよりは、1時間半「氣を体に取り入れ続けた」という感じで、このレッスンが終わると、また私はめちゃくちゃ元気になりました!
その後さらに、オーサカキングに行き、ステージショーの応援もしましたが、今日は全然疲れませんでした。

まだ私にはよくわからない世界なのですが、とにかく「氣の力」ってすごいんですね。
「氣」をうまく巡らせていれば、働けば働くほど元気になるというのも本当だろうと思います。
いつも元気で、いつもハッピーでいるために、いい脚本を書きやすくするために、私はこれから気功にますますハマるだろうと思います。

いやあ~私っていいものに出逢っているなあ。
本当にラッキーです!

↓オーサカキング、今年のステージのテーマは「オーサカキンギョ」楽しかったです!

b0148672_214191.jpg

[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-02 23:30 | 観月流和気道