舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

愛は憎しみを癒す

「LOVE HEALS HATE」三部作、ミュージカル「どこかで誰かがかんちがい」
無事終了しました!
本当にありがとうございました。

この三部作は、大袈裟ではなく、私の人生をかけた挑戦であり、人生を変えた作品になりました。

見てくださった方々がどう思われたかはわかりません。
でも、私はこの作品を通し、確実に自分自身を癒すことができました。

今日、母にこんなことを言われました。
「あんたのお芝居を見て、こんなに感動したのははじめてやわ。ゾクゾクした。すごく良かった」
母のこの言葉を聞くために、今まで頑張ってきたのかもしれません。
この言葉は、宝物です。

明日からは新たなスタートです。
明日からは、自分のためではなく、もっともっと、見てくださる方々のために作品を創ります。

ありがとうございました!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-30 02:19 | 舞台

一日目終了!

舞台の初日が終わりました!
今日ご来場くださった方々、本当にありがとうございましたm(__)m

実は昨日の稽古ではいろんなハプニングがあったのですが、今日の本番は驚くほどスムーズで、ホっとしました!
さすが、出演者もスタッフさんもプロです。
来てくださったお客さまの評判も、おおむね好評のようです。

でも私自身は、本番の舞台を見ていて、自分に足りないところをいっぱい発見してしまいました!
稽古じゃなく本番を見ないとわからないことって沢山ありますね。

でも、反省はあるにしても…
やっぱり本番って超楽しいです!(^^♪

この幸せを与えられていること。
そして応援してくださっている沢山の方々に感謝します!

ありがとうございます!!!
明日もよろしくお願いします!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-29 01:03 | 舞台
明日からいよいよ本番です!
今日は舞台で通し稽古…のはずが、いろんなハプニングがあり、実はあまりスムーズにいかない稽古になってしまいました。

いやあ~ミュージカルって大変なんですね!
あらためて思いました!

歌あり踊りありのお芝居を、とくに今回はバンドさんの生演奏で行なうため、スタッフさんにとっては膨大な数の「きっかけ」や「調整を必要とすること」があるんです。
ミュージカルではないお芝居とは全く違う種類の「高い技術」が必要になるんです。

役者はずっと稽古してきたので慣れていますが、スタッフさんはその調整をたった数日で行なわないといけない…
もはや私は見守るだけしか出来ないのですが、「スタッフさん頑張ってください!!!」と声援を
送りたくなった日でした。

でも、各セクションすべてが上手くいけば、相乗効果でとてつもない感動が押し寄せるのもミュージカルの醍醐味です。
明日からの舞台、きっと素敵なものになると確信しています!
どうか、どうか沢山の方々に見ていただきたいです。
よろしくお願いいたしますm(__)m

今回の公演に関して、大勢の方々に応援していただき、いろんな方の愛を感じています。
本当にありがとうございます!

その中のお一人…シンガーのKanafu Marieさん…
今回の公演のことをブログに書いてくださいました。

天使が舞い降りる†FLOWER ROAD

昨年の七夕に、奇跡のように出逢えたmarieさん…
まるで天使のような方です。
私はmarieさんのような本物の愛を持った人、そして表現者になりたいっていつも思います。
marieさん、大好きです!ありがとうございます!

では皆様!週末に神戸でお逢いしましょうね(^_^)/

b0148672_1283915.jpg

[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-28 01:07 | 舞台

プ~ロ~~になりたい。

今日は劇場入り!
今回はバンドさんの生演奏なので、仕込みも打ち合わせも時間がかかるため、いつもより一日早く劇場に入りました。

いや~ビビリました!(^_^;)
ただでさえオリエンタル劇場は、とても格調高い、素敵な劇場なのですが、そこにセットが建てられ、バンドさんの機材が組み込まれていくのを見ると、ワクワクを通り越して心臓がなぜかギューっとなりました。
「いや~えらいことになってしまったなあ」…と。
あらためて責任を感じてしまったというか、嬉しいんだけど恐れ多い、ワクワクするんだけどドキドキする感じを味わいました。

その後は、生の歌声に少しボリュームを加えるためのプレスコ録りを見学していました。
スタッフさんは皆さんプロ中のプロです。
でもスタッフさんの動きを見ていると、プロであるスタッフさんの中にも、いろんなタイプの方がいらっしゃることがわかりました。
場をピリピリさせる方、場を和ませる方…

そして、みんな良いモノを創りたいという気持ちは同じなので、その中に意見のぶつかり合いとかモメることも当然ありました。

いろんなスタッフさんを見ながら私は、「自分の仕事をしっかり全うしながらも、場のムードメーカーになったり、物事を円滑に進めることのできるスタッフさん」って凄いとあらためて思いました。

本当にカッコイイです!!!
そういう人はもはやプロという言葉以上の存在。

プ~ロ~~~
なのだと思いました。

(すいません、この表現、Qさんのブログ、「宇宙となかよし」の愛読者の方しかわかりませんね。営業のカリスマ、加賀田晃先生が、「本物のプロ」のことを、このような特徴ある言い回しでおっしゃるのです。全然わからない方ごめんなさいm(__)m)

脚本家として生きていくためには、脚本の技術が上手いだけでは不十分なのだな、とあらためて思いました。
どういうふうに人とかかわるか?
どういうふうに、いつも人を幸せにできるか?


そういうことがとっても大事なのだと…
プ~ロ~~への道のりは果てしないですが、あきらめず進んでいこうと思いました。


というわけで、プ~ロ~~の方々のお仕事ぶりが見れます(^^♪↓

劇団てん10周年記念公演「LOVE HEALS HATE」三部作
第三弾 ミュージカル 「どこかで誰かがかんちがい」


日時: 6月28日(土) 14:00~/18:30
     6月29日(日) 14:00~

場所: 新神戸オリエンタル劇場


ぜひぜひ!観にいらしてくださいね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-27 00:27 | 舞台

シンクロニティ 

ブログはじめてまだ数日なのですが、自分にとってなんとなくいい変化が起こってきたような気がします。
文章を書き連ねることで、頭の中がスッキリしてきて前向きな気持ちになってきました。
実を言うと、最近の私は、少し凹み気味だったのです。
それを改善するために、思いきってブログはじめてみたのですが、正解でした!
読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。

体調もかなり良くなりました。(心配してくださったり、サポートしてくださってる方々、ありがとうございます。m(__)m)

「自分ひとりで頑張っている気になっているから体調を崩したのだと思う」
と昨日書きましたが、自分はいつもひとりじゃないって感覚を、なんとなく感じられるようになってきました。
毎日いろんな試行錯誤をしていますが、「私のやってることは間違ってない」、という確信を持つことができたような気がするのです。
たとえ遠回りに見えたとしても…

なぜ「私のやってる事は間違ってない」と思ったかというと、最近、自分の身の回りにシンクロニティ(偶然の一致)をいくつか発見したからです。
いろんな意見があると思いますが、私は、シンクロニティを発見すると、「これは天からの答えだな」と思います。
そのうちの一つのお話を今日はしたいと思います。

私と同じ劇団の劇団員で、今度の公演にも出演する「そらちゃん」という人がいます。
実は今度の舞台は、三部作の完結編なのですが、彼女は第一話で主役メアリーという役をつとめていました。
ですが、彼女はそれから長い間舞台をお休みし、第二話に出演することはできませんでした。
昨年の夏、お姉さまを亡くされるという試練にあってから、アトピーが悪化して入院していたためです。

また、昨年の夏…そらちゃんのお姉さまが亡くなられてから数日後、私の大切な友人Aさんという方も、弟さんを亡くされました。

そらちゃんとAさんは面識のない方です。
ですが二人の大切な友人に起こった悲しい出来事を次々と聞いてしまったため、私はすごくショックを受けました。
そして私の中では彼女たち二人の存在が、リンクしてしまったのです。

私は二人のことを心配していました。
でも…そらちゃんもAさんも、その悲しみを乗り越えました。
そして今では、キラキラと素晴らしい幸せに輝いているのです!

そらちゃんは、すっかり心も身体も元気になりました。
そして彼女には素晴らしい方々とのご縁が次々に降り注ぎ、女優としても歌の先生としても各方面から引っ張りだこです。
そして、今度の公演の物語では、彼女は再びメアリーを演じます。
メアリーは妊娠し、幸せなお母さんになって登場するのです。

Aさんは新しいお仕事、自分の天職をはじめられました。
そして、悲しい出来事があった時、支えてくれたパートナーの存在の大きさに気付かれ、ご結婚されました!
そして今、お腹に赤ちゃんがいるのです!
彼女は本当に幸せなお母さんになったんです!

なんだか不思議な気がします。
単なる偶然と思えばそれまでですが、これは私にとってはすごく意味のある出来事です。
まるで大きな存在がシナリオを書いているような気がします。
また、今度の作品で、メアリーが妊娠することは第一話の時点で決まっていたわけで…
そう考えると、私が脚本を書いたけれども、私が書いたんじゃないような、もっと運命的なものに動かされてできた物語のような気もするのです。
大袈裟かもしれませんが…

とにかく!
いろんな偶然、いろんな恩恵のおかげで迎えられる、今週末の公演が素敵なものになることを、確信しています。

劇団てん10周年記念公演「LOVE HEALS HATE」三部作
第三弾 ミュージカル 「どこかで誰かがかんちがい」

日時: 6月28日(土) 14:00~/18:30
     6月29日(日) 14:00~

場所: 新神戸オリエンタル劇場


ぜひぜひ!観にいらしてくださいね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-26 01:14 | つれづれ

感謝!

このブログ、毎日更新することを目標にしています。
でもやっぱり毎日って大変ですよね。
読む方が…(^_^;)
ホントにすみません!

私は全然大変ではないんです。
好きでやっているんですから!
毎日書くことで、文章が上手くなったらいいな、とか、いろんなことが見えてきたらいいな、と思ってはじめてしまったので、完成度の低い文章を書き連ねることもあると思います。
ごめんなさい!
お時間のあるときだけ、お付き合いくださいね!

さて、昨日は最近体調を崩したことについていろいろ考えましたが
要するに、体調を崩すってことは、自分の中の「氣」のようなものが減ってしまっていたんだな、と思いました。
その原因はわかっています。
最近の私は、いろいろ忙しくて、「一人で頑張っている」ような気持ちになっていたからだと思うんです。
自分の中だけの「氣」をどんどん使い果たしている気持ちになってたんです。
でも、何をするにしても「一人で頑張っている」ってことはありえないんですよね。
私だけでなく、きっと誰のまわりにも、いろんなエネルギーや「氣」のようなものって、ふんだんに降り注いでいると思うんです。
見えるところでも見えないところでも、いろんな方々、いろんな存在が助けてくださっているんですから!
体調を崩したことで、それをようやく思い出しました。
これからは、自分を助けてくださっている方々のエネルギーを敏感に感じられるようになりたいです。

たとえば今度のうちの劇団の本公演は、ミュージカルです。
ミュージカルは歌、踊り、お芝居が一体となった総合芸術です。
ですから、裏で働いているスタッフさんも多いです。
受付関係も含めると20人ぐらいいらっしゃると思います。
そして出演者は22名ですから、学校の一クラス以上の人々が、一つの作品のために動いているってことですよね。
影で力を貸してくださった方々を合わせると、もう数えきれません。

これってあらためて考えるとすごいことだなあ、と思いました。
そういう場にいることができることって、すごくツイてるし、感謝以外のなにものでもないなあと思います。
皆様、いつもありがとうございます☆
これから本番にかけて、ますます「ありがたい、嬉しい!」って気持ちを感じられると思います。
本当に幸せ者です♪
さあ今週、目いっぱい楽しみます!!!


さて、昨日から今日にかけて、ほかにも嬉しかったことがあるので報告します。
まず一つ目…昨日、私の尊敬する後藤ひろひとさん(脚本家、演出家、俳優の方)の短編映画を観てきました。

「あなたにできない3つのこと…」

桂あやめさんと、漫才師スマイルのウーイェイよしたかさんが主演です。
「人生に何の幸せもみつけられない女性に、小さな小さな奇跡が起こる」お話です。
見慣れたつまらない日常でも、ほんの少し見方を変えるだけで、夢いっぱい、喜びいっぱいの世界になるってことがわかる物語です。

美しくて、とってもステキな映画でした。
公開前からストーリーは知っていたのですが、たったの30分で、想像していたよりも、ずっとずっと明るい世界に連れていってくれたことに感動しました!
大阪ではbeseよしもとでやっています。26日木曜日までなので、ぜひ観に行ってみてくださいね!

そして二つ目…
ここ三ヶ月ぐらい、歯列矯正をしていたんですが、今日それが外れました!
今までは目立つメタルが気になって、あんまり笑えなかったんですが、今日からは思いっきり笑えます。
すごく開放感があって、嬉しくてたまりません。

一説によると、矯正をすると恋愛運がアップするんですって!
うふふふふ。楽しみだなあ~。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-24 21:01 | 舞台
皆様ご心配をおかけしました!体調はだいぶ良くなりました!
気遣ってくださった方々、本当にありがとうございます。
扁桃腺が炎症を起こしていたようなのですが、幸いそんな重い症状ではなかったようです。

実は私、2001年に「伝染性単核球症」という、重い扁桃腺炎になったんですね。
その時は38度以上の熱が10日以上続いたんですが、今回も症状のはじまり方がその時とそっくりだったので、「うわ~またあの病気だ…どうしよう…」と焦ってしまいました。

しかし耳鼻科のお医者さんである親戚に聞くと、本当は「伝染性単核球症」に一度かかると、抗体ができるので、二度とかからないそうなんです。
実際、今回は熱もすぐ下がりました。
でも、そんなこんなで、久しぶりに2001年、病気になった時のことを思い出したんですね。
そしてある事に気付きました。

「そういえば私は病気になった時、自分が病気であることになかなか気付かないなあ」って…

どういうことかというと、体の不調があったとき、私は肉体的な原因があると思わず、精神的なことに原因があるのだろうと思い込む傾向があるんです。

2001年に病気になったときは、ちょうどあるミュージカルの脚本を書いている最中で、毎日、頭をフルに使っていたので、熱が出はじめた時、「頑張りすぎて智恵熱が出てきたのだろう」ぐらいしか思いませんでした。

「でも智恵熱で39度の熱が出るだろうか?…もしかして病気?」
と気付いたのは症状が出はじめて10日ぐらいたった後のことでした。

今回も、先週から少し体調が悪かったのですが「このところ忙しいからストレスがたまっているんだろう」と思っていました。
熱が出はじめてようやく「あ、気力がなかったわけじゃなかったんだ!」と思いました。

つまり私は、自分の体の健康にものすごく自信がある反面、心の健康には全く自信がないようなのです。
本当は、小さいころ、とても体が弱かったのに…
なのに、なぜ今の私は「私の体は丈夫だけど、心は弱い」って思い込んでいるのでしょう?

…不思議に思い、いろいろ考えて、次のような理由を思いつきました。

体は目に見えるけど、心は目に見えません。
体が傷付いた時、人に同情してもらいやすいけど、心が傷付いた時、同情してもらうことは難しいです。
でも心の傷も体の傷も、どちらも「癒されること」を欲します。

私は、親戚にお医者さんが多かったこともあり、なにかの体の不調が起こった時、それを治す方法はいつもすぐに与えられました。
そして癒されることによる満足感を味わうことができました。
でも、心や精神的なものに関心のある人がまわりにはあまりいなかったのです。

私は自分の心の傷を、自分で見つけ、自分で「癒さなければ」ならなかった。
だから、私は体より、心に関心を持ちながら成長したのだと思います。

心はどういう時に「癒されるのか」

今でもいつも考えています。
とにかく、「心」 の世界に興味があり、「心」の世界に夢中です。
だから舞台や、物語の世界から離れられないのだと思います。

いい作品を生み出すことで、私もどなたかの「心のお医者さん」になれますように。


↓今週末の、劇団てんの公演は、三部作のテーマが「LOVE HEALS HATE(愛は憎しみを癒す)」です。
その名のとおり、「観た方が癒される」作品になっていると信じています。


劇団てん10周年記念公演「LOVE HEALS HATE」三部作
第三弾 ミュージカル 「どこかで誰かがかんちがい」


日時: 6月28日(土) 14:00~/18:30
     6月29日(日) 14:00~
場所: 新神戸オリエンタル劇場


ぜひ観にいらしてくださいね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-24 01:42

発熱!

扁桃腺が炎症をおこしているようで、体調がよくありません。
昨晩は熱があったので、あまり眠れませんでした。
だから今、眠くてたまらないです。

ブログ三日目にして、もはや短い短い文章になってしまいました。
でも無理はしません。
おやすみなさい!
明日は皆さんにとっても私にとっても元気いっぱいの日でありますように!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-22 23:33 | つれづれ
昨日から発作的にはじめたブログです。
だからやり方もよくわかっていません。
でも、毎日書き続けようと思っています。その決心は固いのです!

私のメンターの一人であるQさんが、「ブログを書くと人生変わるよ」っていつもおっしゃっているからです。
皆さん、Qさんってご存知ですか?
大人気ブログ「宇宙となかよし」の作者で、
NLPコーチやセミナー講師としても大活躍の方です。
もうすぐ本も出版されるそうなので、きっと大ブレイクしちゃいますよ!

私がQさんとお知り合いになれたのが昨年のはじめごろ。
このブログのあまりの面白さに度肝を抜かれ、思わずコーチングをお願いしたのがきっかけでした。
Qさんのブログを読むと私はいつも思います。
「こんな話まで書いちゃっていいんかなあ…(^_^;)
Qさんってある意味ストリッパーだなあ!」って…
でも間違いなく面白い!
怖がらず、正直に自分を「開いている」方って、魅力的なんですね!

私は脚本を書いているわけですが、たとえフィクションであっても「芯」になる部分は自分の「体験」や「感情」を元にしないといけないなって思うようになりました。
「聞いた話」や「調べた話」でも書けるんですが、そうするとなんか「ウソくさい」んです。
だから私もQさんを見習い、このブログを通して「立派なストリッパー」になりたいと思います。
コンセプトは「夜中に書いたラブレター」ですから、文章が整っていなくてもいいんです。
お付き合いいただける方だけ、お付き合いくださいね!m(__)m

さて、告知です。
もうすぐ私の所属する劇団、「劇団てん」の本公演があります。
劇団てん10周年記念公演「LOVE HEALS HATE」三部作
第三弾 ミュージカル 「どこかで誰かがかんちがい」


日時: 6月28日(土) 14:00~/18:30
     6月29日(日) 14:00~
場所: 新神戸オリエンタル劇場

私はこの作品を書いた時、ストリッパーとまではいかなくても、まあセミヌードぐらいにはなれたかな?と思いました。
あとは俳優さんやスタッフさんのお力にかかっていますが、きっと感動的な舞台になると思います。
セットもステキだし、全曲オリジナル曲で、バンドさんの生演奏のミュージカルです!
ぜひ観にいらしてくださいね!!!
     
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-21 18:18 | 舞台
みなさんはじめまして!
ダンボと申します。
関西にある劇団、「劇団てん」に所属している脚本家です。

ここ数年は舞台の脚本を書くこと「のみ」、頑張ってきました。
だけどごく最近になって、脚本以外にも興味が出てきたんです。

時には舞台に立ちたい!
小説も書きたい!
いろんなことをやって、いろんな方と出会いたい!

興味の幅が広がったことに戸惑っていたら、ある方にこんなことを言われました。
「何やってもいいんじゃない。あなたはどんなことをやっても、その対象に恋することができる人だから」

恋…
恋かあ…(*^_^*)

そうです。この気持ちはまさしく恋!
だから時に苦しい想いをしても離れることができないのです。
私は舞台と物語にぞっこん惚れてしまっているのです!

まあ片想いかもしれませんが…
着てはもらえぬセーターを、寒さこらえて編んでいるのだけなのかもしれませんが…

それでもこの宇宙に生まれてきて、大好きなものに出会えたってことはこの上ない幸せです!

てなわけでこのブログは、私のラブレターです。
舞台や物語や、その他大好きなものと相思相愛になるために、試行錯誤を繰り返すダンボの日記です。

思ってることを全部、正直に書いてみたいです。
真夜中に書いたラブレターみたいに、後で読んだら恥ずかしくて笑っちゃうようなものにしたいなあと思ってます。

「笑えるラブレター」
これからどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-06-20 12:55 | 大好き!