舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観月流和気道( 11 )

b0148672_215411100.jpg

♪昨日もちょっと書かせていただいたのですが、観月環先生のコンサートのお手伝いをすることになったので、今日会場の下見に行きました。

会場は宝塚市立宝塚文化創造館‥これは宝塚音楽学校の旧校舎です!

なつめさんはじめ憧れのスターさんがレッスンされた場所!

建物の外観が綺麗に塗り替えられていたのか、最初はちょっとイメージが違いましたが、
中に入ると、すり減った廊下やバレエ教室のバーなどがそのままだったので、触ったりして、すっかりミーハーしてしまいました。

また、コンサートの録画などで非常にお世話になる斎藤監督は、望月マリアちゃんのDVDを創られた方でもあるので、久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

コンサートは、気功&音楽&語り&映像のコラボで、全身で感じていただけるコンサートになると思います。

その日は、気功の体験レッスンやセミナーも行われますので、
興味のある方、とくに最近心や身体がしんどいな、と思われる方はぜひいらしてくださいね!




「観月環ヒーリングコンサート&特別セミナー」


日時: 2010年7月10日(土)

    1.AM10:00-11:30
              和気道講師による特別体験レッスン

    2.PM12:00-13:15
            観月環の特別セミナー&チャクラを開く氣のチャージ

    3.PM14:30-16:00
          瞑想ナビゲーション・音氣法によるヒーリングコンサート


  特別セミナーでは、観月環が直接氣の伝授を行います
  コンサートのゲストはハープ奏者の野田千晶さんです
  体験レッスンではDVDで話題のチャクラストレッチも体験!


受講料と定員

    1.体験レッスン      30名 3000円

    2.特別セミナー      30名 7000円

    3.コンサート      150名 5000円

場所

    宝塚市立宝塚文化創造館 (旧宝塚音楽学校校舎)
       宝塚市武庫川町6-12

   *JR・阪急宝塚駅及び阪急宝塚南口駅下車 徒歩10~15分


詳しくは ホームページ http://www.mizuki-ryu.com/

お申し込みは
PC    http://www.mizuki-ryu.com/news.html#concertseminar
携帯    http://m.mizuki-ryu.com/


皆様のご参加、お待ちしております

   
観月環 Tamaki Mizuki

観月流和気道代表・創位。 薬剤師。

氣を生活の中に取り入れた「氣的生活」を提案し、人生をグレードアップさせる為の氣の活用法「和気道メソッド」を開発。

近年では、「音氣法」を開発し、ヒーリングコンサートも開催している。

聴くだけで涙があふれる心の浄化CDブック
聴くだけでツキを呼ぶ魔法のCDブック
4つのハート あなたが変わる物語
                 以上マキノ出版

願いを叶える7つの物語 
                   総合法令出版
CD 聴くだけダイエット
                   PHP研究所
聴くだけでママと赤ちゃんの絆が深まるCDブック
                   サンマーク出版

など著書多数。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-06-18 21:54 | 観月流和気道

ほどほどでいいよね。

昨日、観月流和気道の講師になるための試験がありました。
ここ半年あまりしていた勉強が、とりあえず一段落してホっとしています。
でも、まだまだスタートラインに立ったばかりです。
これからも勉強し、氣の感覚ももっともっと感じられるように追求していきたいです。

和気道をはじめてすぐ、「これはすごくいいぞ!」と実感できたので、私は本格的に勉強することにしました。
確かに、ここ半年ぐらい、風邪をひくことがありませんでした。

しかし、なぜか私は今、風邪をひいています。
心の状態も、絶好調ではありません。
多分、どこかでエネルギーを余分に使ってしまっているのでしょう。

そんな時こそ、和気道でエネルギーをチャージし、不調を最小限におさえることができたらいいな、と思います。

私は準講師の試験の時に、皆さんの前でこう言いました。

「人生には、好調な時も好調でない時もあるけど、
どんな時も、気のおけない友人のように、肩の力を抜いて、和気道とつきあいたいです。」
と…

今あらためてそう思っています。
もちろん脚本とも、気のおけない友人のようにつきあいたいです。
大切な人とも、肩の力を抜いてつきあいたいです。

時には凹んだり、ひきもこったりしてもいいのかもしれません。
ちょっと落ちるからこそ、また上昇した時にいちいち幸せを感じられるんだと思います。

完璧を目指さず、ほどほどでいい。
和気道は、そんなことも私に教えてくれたのかな、と思います。

てなわけで、あんまり好調じゃないわりには、
ま、そこそこ幸せな、今の気分です(笑)

ほどほどでいいよね(^.^)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-03-16 11:05 | 観月流和気道
ホっとしました!
観月流和気道準講師の試験が無事終了したからです!
これで無事、準講師にはなれたってことみたいです。
すぐ講師を目指します♪

試験ですが…自分でもちょっと意外なほど、上手くできました!

数日前のブログにも書きましたが、私はとくに、実技(皆さんの前でレッスンのナビをすること)が、すごく苦手意識があり、不安だったのです。

試験をむかえるにあたって、
「人前に立つのは慣れですよ」
「場数を踏めば怖くなくなりますよ」
といろんな方に言われていましたが、私はそれは、ある意味正しくて、ある意味違うと思っていました。

たとえば私は大学時代、コーラス部の指揮者をしていて、練習においてリーダーシップをとる立場だったのですが、2年間ずっと人前に立っていたのに、初日とラストの日の緊張感が全く同じで、ちっとも慣れなかったのです。
多分、「うまくやりたい!」という自我で、心も身体もガチガチに固めてしまっていたからだと思います。

昨年受けたコトハナセミナーでも、私の「ガチガチ度」は同じで、
結局、自分をさらけ出すことは一度もできませんでした。

ところが、今回の準講師の試験では、何かが違いました…

「うまくやろう」という「自我」があまりなくて
生まれてはじめて、「素」の状態で皆さんの前に立つことが出来たように思うのです。

なぜそれが出来たのかというと…
実は、数日前から私にとって「不本意」とも思える出来事が続いていて、凹みまくりで、
当日の私の精神状態は「最悪」だったのです。

そのことによって「上手くやってやろう」という自分のプランが全部ガラガラと崩れてしまって
「もう、どうにでもなれ~!!!」と開き直ることができたのです。
それがかえってよかったみたいです。

「和気道やってるのに、なぜこんなに凹んでしまうのだろう」
「何のための和気道だ~!!!」
と落ち込んでいる最中は思いましたが、「災い」に見えたのは大きな「恵み」だったみたいです。

なんて巧妙なプログラムが私にはたらいてくださったんだろう!と感謝しました。

この試験で「体得」したことをこれからも忘れず、人前に立って表現することを楽しめるようになりたいな、と思います。

これは小さな一歩ですが、私にとってはすごく意味のある一歩です。
この一歩を続けて、やっぱり、夢を叶えていきたいなと思います。

今日は観月環先生にとても素敵なことを言っていただきましたし、
やっぱり夢は叶う気がしてきました☆彡
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-11-02 23:59 | 観月流和気道
もうすぐ観月流和気道の準講師養成講座の試験なので、
今日は基本レッスンを皆さんの前でナビゲートする予行演習をさせていただきました。

基本レッスンは何度も何度もやっていて、順番や理屈は頭に入っているはずなのに、
私は皆さんの前に出ると、とたんに自信がなくなって、声も出なくなってしまいました。

私は台詞やダンスなど、練習した通りのことを人前でするのは大丈夫なのですが、
誰かを指導したりリーダーシップをとったり、
臨機応変なアドリブが必要な場面が、本当に苦手なのです。
私の中に、自分の素をさらけ出すことへの恐れが根強く残っているんだな、と再確認しました。

そして、気持ちは声にあらわれます。
ただでさえあまり通らない声なのに、
恐れる気持ちが少しでもあると、「表現しよう」という意志が全くない声になってしまうみたいです。

良い機会なのだから、いいかげん、人前で何かをすることの恐れを手放し、
覚悟を決めよう、と思いました。

そして、これからはどんな時でも「表現しようとする声」を出していこうと思います。
「声」が変われば、きっとすべてが変わるし、
脚本を書く時にも、強い意志がこもると思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-10-30 23:59 | 観月流和気道
和気道の段位認定講座で
「コミュニケーションにおいて、他人の立場に立って考える」
という宿題が出ました。

そのことを意識しはじめて数日にして、これはすごく難しいことかもしれない、と思いはじめました。

最近の私は、とにかく「自分が幸せでいること」を一番に考えているので、
自分の心に嘘をつかないで、自分の身体が喜ぶことを優先させようと思っています。

でも他人の立場に立とうとすると、ともすれば自分が無理をしなくてはならない時があるような気がするんですよね。
自分も他人も幸せでいる方法って、本当にあるんでしょうか?

私にはまだよくわからないのですが、きっとあるのだと思います。
すべての人が調和して、より幸せになれる方法が…

「頭で他人のことを考えるのではなく、身体で他人のことを感じる」
このへんがキーワードになる気がしています。

試行錯誤しながら、毎日を過ごしていきたいな、と思います(^_^)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-10-07 22:36 | 観月流和気道
今日は稽古の前に、和気道の段位認定講座というものを受けさせていただきました。
これは、いくつかの課題を毎日やることによって、自分の「気のレベル」を上げることを目標にしている講座です。

「気のレベル」っていうと、まだよくわからないのですが、
とにかく私は自分が、「自然でいるために」和気道のレッスンをしています。
これからも、よりよい形で毎日の生活に取り入れていきたいです。

準講師養成講座の後から、より熱心にレッスンをしているのですが、
なんだかすごく運がよくなった気がします。

自分から動かなくても
棚ボタ式にラッキーが降ってくるんです♪

最近のラッキーは、音楽劇で作曲をしてくださっている劇団☆新感線の右近健一さんや、観月流和気道創位の観月環先生と個人的にお話できたことです!

私は素敵な方だな、と思うと緊張して、あまり自分からは話しかけられないのですが、
お二人はひょんなことから話しかけてくださったんです♪
本当にラッキーです!
右近健一さんは、舞台も、創られる曲も素敵ですが、お人柄も本当にあたたかく優しい方で、お話できてとても幸せでした。

音楽劇のお芝居も、頑張るのではなく
自分の内なる思いに正直に、自然にやろうと思ってます。

あまりにも自然にやっているので
「これでいいのかな?」と思っていましたが
演出家の岩崎さんに「それでいい」と言っていただいたので、
きっと間違った方向には行っていないのでしょう。

出番は少ないのですが、
お芝居も、とっても楽しいと感じられるようになってきました。
そう思えただけで、今回参加させていただけた意味があったと思っています。

今まで「頑張る」ことが、自分のポリシーでしたが、
これからは「自然に」「楽に」生きることが目標です。
生き方を変えていきます。

それで何が起きるかな?(^^♪
やっぱり「実験の秋」です。

自然にしているのに、よくしてくださる皆さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-10-05 23:59 | 観月流和気道
10月に入り、今年もあと2ヶ月です。
ウソです。3ケ月か!(^_^;)
いずれにしても、早いですね!

私は今日、「和気道」の準講師になる勉強をする時間がありました。
いつもは先生のナビゲーションでレッスンしていたのですが、
いざ自分が引っ張っていこうとすると、本当に難しいということがよくわかりました。

これはかなり無我夢中で取り組まないと、試験に合格するのは難しそうです。
でも、「和気道」は、私にとってとても「楽しい」と感じられるものなので、
きっと「自我をなくして無我夢中で」取り組めると思います。

同じように、何事に対しても
「自我をなくして無我夢中で」取り組めたらな。
とくに仕事に対してそう出来たら、きっと、とてもいい仕事ができるんだろうな、と思いました。

2008年も後半になりましたが、
何事にも「自我をなくして無我夢中で取り組んで」
密度の濃い日々を過ごしたいと思います♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-10-01 23:34 | 観月流和気道

「先生」を見つけた!

昨日のブログにも書いたとおり、「観月流和気道」の「準講師養成講座」を受け、宝物のような知識と智慧を沢山教えていただきました。
簡単にいうと、「氣」や「人間の心と体」の「真実」を教えていただいたのだと思います。

たとえば「常識」は、時代や場所にとって変わる可能性があります。
でも「氣」や「人間の心と体」の「真実」は、人間が人間である以上、変わることがありません。

ですから、私にとって一生の「道しるべ」が出来た、と、とてもホっとしました。
長い間探していたものにやっと出会えた、という感じです。

それと同時に、観月環先生のことを心から尊敬できるのもとても嬉しいです。

脚本家、演出家、俳優の後藤ひろひとさんにワークショップでお逢いした時も思ったのですが、
本当に一流の方って、自分の持っているものを全く出し惜しみせずに、弟子とか後輩に与えてくださるんですね。

与えたら、また「空き」ができて、そのぶんいろんなものが入ってきて、もっともっとご自分が高まるとわかっていらっしゃるんだろうな、と思います。

一生のうちで、心から憧れられる「先生」と呼びたい方に出会えることって、とてもまれなことだし、本当に幸せだと思います。

私の人生に降り注いでいる、宝物のような出会いに感謝して、
これからも、宝物のような毎日を生きていきたいです☆彡
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-09-21 23:59 | 観月流和気道

花は集まって華になる。

またもやブログの更新が遅れてごめんなさい!

20日、21日の土日は、私にとってとっても有意義な二日間になりました。
7月からレッスンを受けさせていただいている「観月流和気道」の準講師になるために、養成講座を受講させていただいていたからです。

この二日間は舞台の稽古が偶然にも休みになったので、ゆっくり勉強することができました。

「観月流和気道」というものをご存知ない方も沢山いらっしゃると思います。
これは観月環先生という方が提唱された、「氣」を人生によりよく生かすためのメソッドです。

私は和気道のレッスンをすると、心と体が無条件に良い状態になることを実感してきたので、もっともっといろんなことを体験したいと思い、深く勉強することに決めました。

もちろん私の一番やりたいことは脚本を書いたり、演劇にかかわることです。
でもそのためには、「和気道」で心と体と魂をより良い状態にしておくこと、
そして「和気道」の哲学を自分の人生の「道しるべ」にさせていただくことが、どうしても必要だと思うようになりました。
私にとって、本当に素晴らしいものに出会えたなあ、と、すごく幸せな気持ちでいっぱいです。

「和気道」ってなに?
「氣」ってよくわからない…
なんで脚本に必要なの?
と思われる方も沢山いらっしゃると思いますが…(^_^;)

でもとにかく、これから私はとってもいい形でパワーアップできる自信があります!
私とご縁のあるみなさま、どうかあたたかく見守っていてくださいね!

ってなわけで「花は集まって華になる」というタイトルについてです。
実は準講師養成講座の一日目、同期のますみさんが、とっても素敵な絵葉書をプレゼントしてくださったのです。
ますみさん、本当にありがとうございました♪

それは書道家であり、創作家のkoo(空)さんという方が描かれた絵葉書で、「華」という文字をモチーフにしたものでした。

↓ほら、素敵でしょう♡
b0148672_083883.jpg


字も絵も素敵だったのですが、私は、添えられた詩(kooさんが直観で書き下ろされたメッセージだそうです)にとても感動したのです。

華は多くの花の集まり
ひとつひとつの花が
他を意識することもなく
他を上にも下にも置くことなく

己のみの力を出し切り生きる
仕事は次の春も
己の花を咲かすこと

ひとつの花が集まり
比較ではなく想い合い
華をつくる花の世界


私は今、舞台の稽古をしているので、とくにこの言葉が切実に心に伝わってきました。
舞台にかかわるひとりひとりがみんな違って、みんな素敵だということをいつも感じているし、もっともっと感じたいと思っているからです。

「ひとつの花が集まり 比較ではなく想い合い 華をつくる花の世界」

私はまさに、こういう世界を実現させるために、自分が「何か」出来たらいいな、と願っているのだと思います。
準講師養成講座の一日目に、この言葉をプレゼントしていただいたのも、とても意味あることだと思いました。
「和気道」の力をお借りしながら、
私ができることを、直実に探していきたいと思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-09-20 23:59 | 観月流和気道
また、何のことだかわからないタイトルですね(^_^;)

気功をやりはじめてから、丹田を意識するようにしています。
丹田は下腹部にある氣の貯蔵庫のようなもので、ここに氣が充実しているときが、一番心身が安定し、能力が発揮できるんだそうです。

で、そうすることにより体感覚が敏感になってきたのか、私は最近
「その方に会ったり、その方のことを考えると、自分の心身が特別に快適になる」
っていう方を何名か見つけたような気がするんです。

女性、男性にかかわらず、その方を意識すると、勝手に体が反応し「快」になってしまうんですね。
その方々は「氣」のレベルがとっても高いと同時に、私と特別「氣」が合っている方々なのだと思います。

昨日、実は体調がよくなかった時があったのですが、なぜ体調がよくないか特に理由がなかったんです。
よく寝たし、疲れているわけでもないし…

ふと思いついて、大好きな方を思い浮かべて、その方の存在を丹田に入れて一体化するイメージで深呼吸してみました。
すると一瞬のうちに、体がシャンとして、体調が良くなってしまいました。

「大好きな人の存在が心の支えです」
って言葉はよく聞きますが
「大好きな人の存在が体の支えです」
っていうのも真実なのかもしれないなぁ、と思いました。

意識するしないにかかわらず、こういうことって、日常茶飯事に起きているのかもしれません。
ありきたりの言葉ですが、人って支えあいながら生きているんだなぁと思いました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-27 13:30 | 観月流和気道