舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:つれづれ( 96 )

花が開く時期

b0148672_22334149.jpg

道端に菜の花が咲いているのを見ました。
黄色い花って本当に春らしいです。
春の気配というよりも、もうすでに春満開っていう感じでした。

この花は、開くまで、どんなことを考えていたのかなあ、とふと思いました。
多分、何も考えてなかったでしょうね(笑)
水を一生懸命吸い上げて、お日さまを浴びて、
気がついたら、咲いていたんじゃないかと思います。

最近、やりたいことがいろいろあって、
「早くやらなきゃ」って焦ってしまったりもするのですが、
花が開く時期がきたら、自然に花が開くのだろうから
まあ、焦らなくていいのかも、と思ったりします。

頭で考えて焦るよりも、
今感じられる幸せを感じて
心をいっぱいに満たすことが、一番必要なのかもしれません。
菜の花が水を吸い上げ、お日さまを浴びたように。

その瞬間、その瞬間を大切に
繊細にいろいろなことを感じていたいです。

今感じていること…
一生、忘れないぐらい
強く強く感じていたいです。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-03-12 22:24 | つれづれ
しつこいようですが、最近の私はものすごく天に守られているのを感じます。

幸せな出来事が押し寄せているのを感じるのです♪

ありがたいです。

今日神様カードをひいてみたら、久しぶりに天之常立神(あめのとこたちのかみ)カードが出ました。
そのメッセージの一部を書きます。

この人生はあなたが主役の舞台です。そこにはさわやかな風が吹きぬけています。
風にのせて、こだわりや、執着を手放し、人生というキャンバスに、あなたが本当に描きたい絵を描いてください。


私にとってこのカードはとても大切なカードです。
私は脚本を書いていて良いんだな、
演劇を仕事にして良いんだな、と感じさせてくれるからです。

今押し寄せている幸せな出来事…

きっとすべて、面白い物語が生まれるための伏線なのでしょう♡
神様ありがとう!

明日は、どうかいいお天気でありますように(^^♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-02-07 23:47 | つれづれ
いろいろあるんです。
今年になってから、心のフィルターが細かくなったみたいに、とにかくいろいろなことを感じます。
とても書ききれません。

Qさんの「宇宙となかよし」ミュージカル化の話がありますが、
それ以外にも、今年はやりたいこと、書きたいものがいっぱいあるんです。

それを順調に書くためには、たぶん今までの私のやり方では間に合わないのです。
だから、何かを変えないと。
もっともっと創造力があふれ出る状態になりたい!

とにかく、ひきもこらないことと、今まで以上に心身をベストの状態にすることを心がけます。

また、以前より母親とかかわるようになったので、久しぶりに、自分の感情がかき乱される出来事がありました。
でも、それも全部心の栄養だと思って、感じきることにしました。
感じきったら、心の垢が取れたみたいに、すっきりしました。

母親が体調を崩したことは、いろんなことを気づかせてくれて、ありがたいです。

そして、今年から大好きになった歌舞伎!
大阪松竹座で、「霊験亀山鉾」という作品を見たのですが、とにかく度肝を抜かれました!
お話も、役者さんの芸も、舞台のしかけも、衣裳も、なにもかもすご過ぎる!
スケールが違う!
ビバ!伝統芸能!

こんな面白いものが、この世にあったのか!
なぜ今まで気づかなかったのだろう?!
歌舞伎を見ていると、理屈ぬきで、魂が喜んでるぞ!って感じがするのです。

不安を感じることもいっぱいあるけど、
その分、いろんなヒントも与えられている気がして
夢もいっぱい広がっていて、
創造性もたぶん、あふれ出る寸前なのです。

今は身体も心も興奮状態で、わけがわかりませんが、
必ず、必ず、今年は良い方向に向かうでしょう。

私の夢はただ一つ、
面白い作品がこの世に生まれたらな、ということなのです♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-23 11:17 | つれづれ

今年は何かが違う?

またブログ更新が滞ってしまい、すみません!
素敵な出来事も、書きたいこともいっぱいあるのですが…
脚本を書きだしたら、他のことに頭がまわらなくなってきました。

「宇宙となかよし」の脚本を、もう書きはじめてしまいました。
「書こう」と思いついてから書き出すまでのスピードが、いつもより早いです。

今年のはじめに、「日本の伝統芸能」と「笑い」というテーマが決まったので、目指す方向が少し見えてきたのかもしれません。

そして、少し体調を崩した母を気遣うことで、また新たな気づきがありました。
(母の病気はたいしたことないので、心配しないでくださいね)

その気づきとは、「自分が今持っているものとのご縁が一番大切」ということです。

行きたい方向に行くには、自分が今持っているものを使って、できることを一歩ずつやるしかない。
ないものを願うより、あるものを生かし、あるものに感謝しよう!
このことが腑に落ちた気がします。

とにかく、今年はいっぱい書こうと決めました。
決めたとおり、いっぱい書けるといいな。

歩く方向も、歩き出し方も、ほんの少しずつ、わかってきました。
あとは歩き続ける体力だけです。

私はすごく元気ですが、書くのは、アスリート並の体力が必要なようです。
もっともっと元気になりたいです!
今年はとにかく体力つけて、コツコツ歩きます!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-19 22:21 | つれづれ

なんかある…

実は、なぜだか歌舞伎が気になるんです。
今年は「大阪松竹座」に通いまくろうと思ってました。

また、この前の日記にも書いたとおり、今年はとくに、「大神神社」とのご縁を感じていました。

で、さっき気づいたのですが、大阪松竹座の守り神様って、大神神社なんですね!
歌舞伎美人 愛之助9月公演成功祈願

ただの偶然かもしれません。
でも、「宇宙となかよし」のQさん流に言えば、「なんかある」のかもしれません。
鳥肌が立ってしまいました…

今年は楽しいものが書けそうな気がします!
b0148672_063787.jpg

[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-10 23:47 | つれづれ

ありがとうございます!

昨年の終わりから、2009年は、すごい年になるような気がしていました。
やっぱりすごい年になりそうです!

これまで、ある意味のん気に、恵まれた生活をしていた私ですが、
新年早々、神様からの愛ある課題がいくつか与えられた気がします。

お正月、ある方の言葉により、「私がこの先書いていきたいもの」の方向性がやっと見えた気がしました。
何年も試行錯誤して、やっと見えてきた方向性です。
嬉しくてたまりませんでした。
だから、その目標に向かってまっしぐら!
今までのんびりやっていたのに、急にスイッチが入らないわけにはいかなくなりました。

そんな状態で、「書く」ことに関しては燃えまくっていました。
ですがそんな矢先、母がちょっと体調を崩してしまいました。

たいしたことはないので心配はしないでください。
でも母が健康な時より、今後私がしなければならないことが増えてくると思います。

そのことにより、物理的にはもちろんですが、精神的な変化があると思います。
私は母とずっと葛藤があり、ようやく良い関係になってきたのですが、
「私が母をいたわる」
「母に優しくし、愛を示す」
という域にはまだ達していなかったからです。

今まで甘えてばかりでしたが、少し大人にならないといけないのでしょう。

脚本においては、突き進む年。
そして家庭生活においては、受け入れる年です。
戸惑うことも多いと思いますが、腹をくくります。

だって神様が与えてくださる課題は、すべて私の成長にとって必要な、
素敵なプレゼントなんですから。

ありがとうございます!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-10 15:43 | つれづれ

大神(おおみわ)神社

初詣には、奈良の大神(おおみわ)神社に行きました。
私の家からはちょっと遠いのですが、今年のお正月は、とっても大切な「気づき」があったので、
そのお礼を言うため、どうしても行きたかったのです。
(その気づきのことは、また書きたいと思います)

私は大神神社に特別なご縁を感じています。
この神社は、三輪山そのものがご神体であるという珍しい神社なのですが、一昨年の夏、はじめて三輪山に登らせていただいた時、山の中で、行者さんのような不思議な男性と出逢ったのです。

その方は、
「君は何をしたいの?」
と聞かれたので、
「舞台の脚本を書きたいと思っています」と言ったら、
「君は必ず成功できる。なぜなら、すごい神様に守られているから。
ほら見てごらん!君の後ろにあんなに光がついてきているだろう!」
と言われて、その方は後ろを指差しました。

確かに、山の草が太陽の光に当たって、キラキラ輝いていましたが、私はそれが特別なものであるかはわかりませんでした。
でも、その時期悩んでばかりだった私は、希望が見えた気がして、とても嬉しくなりました。

その後、その方は大きなお数珠を持って、私の背中にお祓いのようなことをしてくださったのですが、その時も
「ほら、数珠がこんなにピンと立ったのは初めてだ!こんなのは見たことがない!
いや~びっくりした!君は必ず一本立ちできる。君は守られている。
これからも、三輪の神様によくお礼を言うんだよ」
と言ってくださり、山を降りて行かれました。

その方にはお名前も聞かずじまいだったのですが、本当にありがたいメッセージを下さったと思います。
そして、その時から私は
「私を守ってくださっている存在って、どういう方々かはよくわからないけど、とにかくめちゃくちゃすごいらしい!」
と思っているんです。

そんないきさつで大好きになった大神神社です。
いつもあまり人は多くないのですが、今回ははじめてお正月に行ったので、ものすごく沢山の方々がいらっしゃいました。
神聖な雰囲気を味わうのが好きな私は、最初少しだけがっかりしました。

お山を登っていても、いつもと違い、沢山の方々とすれ違いました。
知らない方ですが、皆さん「こんにちは」「こんにちは」と挨拶してくださいます。
登りはかなりキツイのですが、私がへばっていると、
「頑張ってね!」「もう少しですよ!」と、すれ違う皆さんが励ましてくださいます。

普通の場所では、お名前も知らない方と挨拶したり、励ましていただくことってあまりないですよね。
何度も何度も励ましていただくうちに、私はだんだん不思議な気持ちになり、あることに気づきました。
「私はなんて大勢の方々に応援していただいているんだろう」って…

すれ違うだけの方々でさえ、こんなに応援してくださる。
だったら、私といつもご縁のある方々は、どんなに沢山のお気持ちを私に下さっているんだろう…
ありがたいなあ…。

目に見えない「応援」や「愛」のありがたさに気づくために、今回私はあえて、人の多い時期に呼ばれたのだな、と思いました。

夕方、展望台から奈良の山々を見ると、太陽の光の筋ができてきて、まるで神様が降りて来られているみたいでした。
b0148672_027323.jpg

[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-04 23:59 | つれづれ

新年早々、とってもきれいな虹を見ました。
お正月からツイてる!と思いました。
b0148672_2333391.jpg

虹は、雨の後にしか見られない自然現象です。
「雨」という、考えようによっては暗い出来事…でもそれはとても美しい現象を生み出します。

暗いニュースも多い世の中です。
でもそのある意味混沌とした時期を過ぎてはじめて、七色のよろこびが見えてくるのだと思います。
そのよろこびは、人と人を繋ぐ、宇宙の存在と存在を繋ぐ、「虹のかけ橋」になります。

今年は素敵な年になりそうですね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-03 23:59 | つれづれ

あけました!

皆様、新年あけましておめでとうございます!
もう二日目ですが、今年は皆様にとってどんな年になりそうですか?

私にとっては、「勝負の年」になると思います。
どうやって勝負するかというと、とにかく「書く」ことです。
自分に正直に向かい合って、「書く」ことに専念します!

もうよそ見はしません。
ごまかしはききません。
嘘はつきません。

すごく厳しいけれど、信じられないぐらい楽しい年になるでしょう。
私にとってはそういう特別な年ですが、皆様にとってもきっとなにか節目の年になるのだと思います。

皆様の人生が、いつも幸運に見守られていることを信じています。
いつもありがとうございます。
今年もどうそよろしくお願いいたします。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-01-02 10:12 | つれづれ
昨日は、秋に出演させていただいた音楽劇、「嗚呼、私の探偵は!」の皆さんとの忘年会でした。
お忙しい方ばかりだからあまり集まりが良くないかな?と思っていたのですが、20人以上も来てくださり、大好きな方々と久しぶりにお喋りできて嬉しかったです!
幹事をやってくれたじま、けんけん、本当にありがとう!

2次会の様子です。
b0148672_16585279.jpg

この、少しあやしくカッコイイ画像を下さった白井宏幸さん、ありがとうございます!
白井さんの「舞台が大好きなんです!」という言葉は、すごく真っ直ぐに心に響きました。

魅力いっぱいで、そして舞台の世界でたくましく生きていらっしゃる役者さんたちだから、どんなお話も心に残ったのですが、とくに私の心に(良い意味で)突き刺さった言葉があります。

私は自分の劇団以外で活動したことがあまりなかったので、今回、関西の演劇界で活躍している沢山の方々と出会えて本当に良かったです、というような発言をした時、
「これでいいものが書けそう?」
と聞かれたんです。

でも今の私は、書くことに対して少し弱気だったので、
「それはわからない…」
と答えてしまったんですね。そしたらある方が

「これでいいものが書けなかったら、じゃあ僕たちは何やってたんだ、って感じですよ」
っておっしゃったんです。
ほんまや!!と思いました。

これからの私がいいものが書けなかったら、せっかくご縁をいただいた皆さんからもらったパワーを無駄にしてしまったことになります。
それだけはイヤです。
皆さんに恩返しがしたいです。

もちろん音楽劇の皆さんだけではなく、2008年は本当に多くの方々と出会い、助けていただいた一年でした。
2008年より以前もきっとそうだったと思うのですが、今年の後半はブログを始めたので、より多くの出来事が記憶に残っています。

それらの出来事を通して、私は今までどうしてもわからなかった「問題の答え」がわかり、
いくつかの「希望」を見つけることができました。

「希望」を見つけたときは、「これで人生バラ色だ!」と思い、「後の人生は光しかない!」と思ったのですが、素直じゃない私は、いつまでもバラ色でいられないようです。

自分と違う考えの方や、納得いかない出来事に出会うと、
それを味わって消化するのに、いちいち時間がかかりました。

でも、そのやり方しか出来ないし、そのやり方が自分にとって自然なのであれば、
来年からもそのやり方で進めばいい、と思いはじめました。

どんな事でも、身体の中できちんと消化して、また「希望」に変えたい、そんなことを思っています。

出会う→戸惑う→味わう→消化→希望

このプロセスが、「書く」ことであり、私に与えられた、そして私が守りたい、「贅沢な時間」です。
このプロセスを通し、来年は1回でも多く、皆さんに恩返しをすることが出来ればいいな、と思います。

2008年、ありがとうございました。
お世話になった皆様、ブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

2009年が希望に満ちた年になりますように!
魂が震える喜びが、たくさんたくさん、皆様に訪れますように!

心から祈っています。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-12-31 17:56 | つれづれ