舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:つれづれ( 96 )

昨日、すごくアホなことをしでかしてしまいました。

最近、ある女優さんのことがとっても気になっていて、その方に会いたくてたまらなかったんです。
その方が俳優さんのためのワークショップをされるとネットの情報で見たので、めちゃくちゃ勇気を振り絞ってその会場に行きました。
(私は俳優さんじゃなくて脚本家なので、俳優さんのためのワークショップって、すごく緊張するし、勇気も必要なんです)

ところがそのワークショップは…存在しなかったんです!

どういうことかというと、私はネットで去年の情報を見ていたわけなんですね(笑)

確かにメールが返って来なかったり、
ネットの情報の、曜日と日にちがズレてるなあと思ったり、
いろいろおかしなことはあったのですが、

その女優さんに会いたい思いが強すぎて、
まったく気づきませんでした。

その方に会えるのもすっごく楽しみにしていたし、
とにかくワークショップを受けるためにずっと心の準備をしていたもので
ワークショップがない!という事実がショックすぎて、
しばし呆然としてしまいました…

ああ、ホンマにアホすぎる…

また、全然違う話なのですが、
私は脚本家としてずっと試行錯誤していて、
最近、脚本のために、ある勉強をしようと決意していました。

これは脚本とは全く関係のない分野のことなのですが、
私はその勉強が、今の自分にとって絶対必要だと思い込んだのです。

そのことを教えてくださる学校があるので、
私はその学校に入学しようと思い、いろんな手続きをしていました。

ところが昨日から今日にかけて、またいろんなことがあり、
ある方とお話する機会があり、
今の自分にとって、その学校に入ることは必ずしも良いことなのではない、とわかってしまいました。

その学校に入ってしまうと、おそらく何もかも中途半端になってしまうだろうと…
苦しくても、あくまで脚本だけに集中し、脚本で結果を出せるように踏みとどまる方が良いのだな、と思いました。

私が勉強しようと思ったものはとても素晴らしいもので、その学校も、間違いなく価値のあるものです。
世界中の方に広めたいと思うほど素晴らしいものです。
でも、今の私がそのことを勉強するタイミングではないのだなと思いました。

本当に残念なのですが、
その学校に入学するのはやめようと思います。

まだ入学金は払っていないものの、
その学校に入ることを前提に最近動いていましたので、
やめることになって、いろんな方にご迷惑をかけてしまうと思います。

ああ、なんてアホなんだろう…と涙が出ます。
本当にごめんなさい!

そんなわけで、最近、一見無駄な行動が多い私です。
リアルな恋に対しても、まさしくそうなんです。

強い気持ちに突き動かされて、ラブレターを送ったものの、
返事が返ってくるどころか、そのラブレターがどこに行ったかもわからない…
そんな感じです。

でも、冷静じゃない行動かもしれないけど、
好きな人に対しても、好きなものに対しても、
「好き」だと思ったら、とりえあえずラブレターを送らずにはいられないんです。

…で、返事が返って来なくて、落ち込んだりするんですが、
一度、宇宙に放ったその気持ちや行動は、決して無駄じゃなかったと信じたいです。

そのラブレターは誰かに拾われて、本人の手に渡るかもしれないし、
違う人の手に渡るかもしれない。

でも一番良いタイミングで、しかるべきところから、返事が返ってくるのだと信じています。

逆に言うと、すんなり返事が返ってくる時…

つまり、やろうと思っていたことがやれたり、
会おうと思った人に会えたり、
行こうと思ったところに行けたりするのは、
めちゃくちゃすごいことなんですね!

たいしたことじゃないように見えても、すごいことなんですね!

じたばたしてもしょうがない。
ご縁があるものや人とは、どう抵抗してもご縁があるものだし、
どんなに願っても、ないものはない。

きっとそうだと思うので、
あまり深く考えずに、
たとえ届かなくても落ち込まずに、
これからも、自分の気持ちに正直に、
ラブレターを送り続けようと思っています(*^_^*)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-09-18 11:51 | つれづれ

緩む=許す=自然体

少し、朝晩が涼しく感じられて、秋めいてきましたね。
皆さま、お元気にお過ごしのことと思います。

長い間、ブログを更新せずすみません!
でも、何もなかったわけではなく、いろんなことがあったんです。
この夏は、たくさんの発見ができ、
自分が自分らしくいられるためのヒントをいただけた夏だったと思います。
とっても幸せな夏でした。

その発見のいくつかについて書きたいと思います。
(大部分が劇団てんのブログに書いたことの転載で、ごめんなさい)

私は、この夏のはじめ、なぜか珍しく夏バテをしていました。
なかなか体調が復活せず歯がゆく思っていたところ、知人がある不思議な整体を紹介してくれました。

むつう整体

これは本当に面白い整体なのです。

身体の自己治癒力をつかさどっているのが人間の「脳幹」らしいのですが、この整体は脳幹が良い状態になる波動を、身体の外から流すことで、生命力(イネイト)をアップさせる整体なのだそうです。

触ったり指圧したりする刺激が一切なく、ただ寝ているだけなのに、なぜか調子がよくなってしまうのです。

私は一回受けただけで「なんだ?この生まれてはじめての感覚は???」と思えるほど、身体が緩んだのを感じました。

その後も身体は反応し続け、好転反応でだるくなったりもしましたが、数日たったらスッキリしました。
めちゃくちゃ不思議なんですが、なんだかスゴい整体なのです。

この整体を受けて気づいたのは、私は身体の力を抜くのがすごく下手だということです。
いつも鎧を着ているみたいに、身体をガチガチに固めて生きてたんだなあ~と思いました。
身体の力が抜けないことは、きっと精神状態や性格にも作用していたと思います。

時には力を入れることも必要ですが、いつもいつも力を入れていたら、無駄に疲れてしまうし、肝心の時に頑張れないんだろうな、と思いました。

自分が身体の力を抜けない性質だからなのか、舞台を見ていても、「あの役者さん、力が入りすぎて本当の魅力が出せてないみたいだなあ。もったいないなあ」というのはすぐわかる気がしていました。

「緩む」というのが「許す」の語源だと聞いたことがあります。

「緩むことができる人」は「他人にも自分にも優しくなれる」みたいです。

そして、「緩むことができる人」は、きっと「自然体な人」
自然体じゃないと生きてて楽しくないし、ましてや、いい表現者にはなれないのでしょうね!

この夏、バテて、そしてむつう整体に出会ったおかげで、身体の力を抜く感覚がわかってラッキーでした!
これから、もっともっと自分らしい表現ができるようになりたいと思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-08-27 17:15 | つれづれ

やっと復活!!!

b0148672_13201613.jpg

ごぶさたしてすみません!
そして芝居バトルを観にきてくださった皆様、本当にありがとうございました!

芝居バトルは明日から、webで放送されるみたいです。
投票もできますので、どうそよろしくお願いいたします。

芝居バトルのお礼を言うのが、遅くなってしまって申し訳ありません。
実は、芝居バトルが終わってから、私はどうも精神的に不調でした。
表現することと、人と接することが怖くてたまらなくなっていたのです。

理由はわかっています。
芝居バトルの会場で、私が脚本を担当した劇団てんの作品に対する、非常に辛辣な意見を聞いてしまったからなのです。

それはかなり傷付く言葉で、心にグサっとつきささりました。
劇団てんのことを応援してくださる方々ばかりではないお客さまというのは、非常にシビアなのだな、と思いました。

でも、おそらく正しい意見なのだろう、と思いました。
私も、作品に対して、投げたボールが、狙ったところに飛んで行っていないような歯がゆさを感じていましたから…
もっともっと自分にしかできない何かをつきつめていかなければならないのだろうな、と思ったのです。

今回の劇団てんの作品は、たぶん決して悪い出来ではなく、
面白かったというご感想もたくさん頂いたのですが、
そんな訳もあり、私個人としては、非常に反省モードになってしまったのでした。

その後、気持ちが落ち込んで、
なかなか立ち直れないでいたのですが、
私の周囲では、いろんな出来事が起こりました。
主にハッピーなことばかりでした。

素晴らしく面白い舞台を見たり、
素敵な方々とお逢いしたり、
大切な方々が入籍されたりパートナーと出会われたというニュースを聞いたり、
大好きな方とライブを楽しんだりしました♪

そして、24日の私のお誕生日には、沢山の方々がプレゼントやあたたかいメールをくださいました♪
とても嬉しかったです!
本当に本当にありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。

なかなか立ち直れなかった私ですが、
いろんな幸せな出来事や、皆様のあたたかいお言葉が少しずつ少しずつ、
心の中に満ちていき…

なぜか今この瞬間、パっと復活しました♪
心の中のコップの水がいっぱいになって、やっと溢れ出した感じです。

すごく嬉しい!気分がいい!
楽しい♪っていう気持ちはこれだったか!

これからはまた、表現することを楽しめそうな気がします♪

凹んだり、満たされたり、いろいろあるけど、
きっと私たちは守られていて、
すべてはきっと、幸せへの道に繋がっているのでしょう。
ありがとうございます!

さあ、リラックスして楽しむぞ!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-07-26 23:31 | つれづれ

楽しい執筆活動♪

あっという間に7月です!
皆様お元気ですか?
先日は七夕でしたね☆彡

今年の七夕は、満月と重なっており、しかももうすぐ日食ということで、
すごくパワフルなエネルギーに満ちた日だったと聞きました。
そのせいか、もうすぐ素敵なことがある予感がして、ワクワクしている私です。
私の妄想かな?
でもいいんだもん♪
幸せな妄想は、必ず現実になると信じているのです。

とくに「脚本を書くこと」は、私にとってずっと辛いことでしたが、
最近、喜びを持って向かい合えるようになってきたような気がします。
その変化が嬉しくてたまりません。

「脚本を書く」ことは、「幸せな一人遊び」だな、と思えるようになってきました。

その一人遊びの様子を、劇団のブログに書きました。
よかったら読んでみてくださいね♪

楽しい執筆活動

皆さんにも楽しい出来事がいっぱいありますように♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-07-10 00:30 | つれづれ
最近、いろいろ書くものがあるのですが、その中の一つ、「伊丹想流私塾」の課題を書いていて気づいたことがあります。

今私が書いているものは、
「赤ちゃんを妊娠したけれど、産めないまま亡くなった妻」と、「残された夫」が、
異空間で不思議な出会いをするという物語です。
そう書くと、とても哀しい物語に見えますよね。
私も、最初は哀しく美しい物語を書くつもりでした。
ですが、師範の方々にダメ出しを頂いて書き直すうちに、どんどん雰囲気が変わってきたのです。

気がつくと、女のエゴが露骨に見える、ホラーっぽいというか少しコメディっぽい話になってしまいました。
私が思っているようなものではなくなったけれど、最初に私が書いたものよりは面白くなったんじゃないかな、と思います。

前回の講義の時に、師範の方がこうおっしゃっていました。

「ラブストーリーは、コメディとすごく近いところにある。
二人の濃密な事情は、はたから見るとものすごく滑稽に見えるものだ」

と…。

本当にそうなんだろうな、と思います。

自分のことを振り返ってみると、私はこのブログにも書いているように、最近恋をしたのですが…
この上なく真剣に、真っ直ぐ恋をしていたつもりなのに、その話をすると、たびたびいろんな方に面白がられたり、笑われたりしてしまうのがちょっと心外でした(笑)
でも、一生懸命すぎた私の姿は、はた目から見ると、かなり面白かったのだと思います。
だから、仕方ありませんね^_^;

私はいつも面白いものを書きたい、笑えるものを書きたいと思っています。
だけど、笑えるものを書くのは難しいなあ…と思っていました。

もしかしたら、今までの私は、何事においても、「恋をしている時」のように余裕がなく、真っ直ぐな物の見方しかできなかったから、面白いものが書けなかったのかもしれません。

真っ直ぐではなく、ナナメから見たり、裏返して見たりできるようになれば、きっと笑いが生み出せるのだと思います。
「笑い」というのは、「価値観のズレ」から生まれるものなのでしょうから…

真っ直ぐで一生懸命なのは私の長所ではあるけれど、
その部分は残したうえで、ナナメから見ることも遊べる、「心の余裕」を持ちたいな、と思いました。

…というわけで、筒井康隆さん訳の「悪魔の辞典」をネットで注文してしまいました。
ナナメからというか、ひねくれた物の見方をする訓練になりそうです。
たとえば…

【食欲|しょく‐よく】[名]
なぜおれは働かねばならんのか、という疑問の答えとして神があたえた本能。

BIRTH【誕生|たん‐じょう】[名]
生涯に遭遇するあらゆる大惨事のうち、最初で最悪のもの。その性質は千差万別。

BRIDE【花嫁|はな‐よめ】[名]
幸せいっぱいの見通しが過去のものになった女。

EMOTION【感動|かん‐どう】[名]
心臓からの血流が多く頭へ行くために起きる衰弱。ときにはおびただしい塩化ナトリウムの水溶液を両眼から噴出する症状を伴う。


うん!ナナメってるナナメってる!
これは面白そうだ!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-06-21 00:13 | つれづれ

少し前の話になりますが、6月5日の夕方、関西にはすごく大きな虹が出ていました。
b0148672_1121152.jpg

(ぷ~ママさん、画像ありがとうございます!)

綺麗な半円の虹で、よく見たら二重になっていて、長い間消えませんでした。
こんなに美しい虹を私は生まれてはじめて見ました。

すごく神聖なものを感じ、とても感動しました。
よくわからないけれど、天使のような存在がいっぱい降りてこられているのかもしれない…と思ってしまいました。

この時私は、脚本に行きづまっていたのですが、
この虹を見た時、「うん、きっとなにか応援されている!」と思えて、
頑張ることができました。

本当に、この虹は、私たちを応援し、守ってくださったのかもしれません。
marieさんのブログを見たら、このすぐ後に、
marieさんの大切な方が、天国に旅立たれていました。
(torigenさんのご冥福をお祈りいたします。)

美しい自然は、きっといつも私たちを応援し、守ってくれているのだと思います。

それを感じるのも感じないのも私たちしだいですが、
感じたほうが、きっと幸せになれると思うので、
その美しさを感じられる心の余裕を持てたらな、と思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-06-12 11:19 | つれづれ

「運命の人」とのその後

すごくあたたかくなってきましたね。
ブログ、なかなか更新できず、すみません!

私はここ2ヶ月あまり
とっても一生懸命「恋」していました。
ある方のことを、本当に「運命の人」だと思ったからです。

そして天国のように幸せな感情と
傷つく感情を交互に味わっていたので、なかなか落ち着きませんでした。

「運命の人」は
すっごく波乱万丈な感情を私に感じさせてくれる方でした。

ありったけの想像力をはたらかせ、大好きな人に真っ直ぐ向かい合うのは
本当に楽しかったです。

その方は私と同じ世界にいらっしゃる方であり
感性も、すごく私と近いものを持っていらっしゃると思えました。
いっぱい、いろんな話をして
ワクワクしました♪

その方と出会ってから、ミラクルだと思えるぐらい
ツイてることも沢山ありました。

その方のお話をするたび、私自身も、私の周囲の方々もなぜか、すごく幸せになりました。

だから私は、「私たちは上手くいきそう」だと、最近までずっと思っていたのですが
そう簡単にはいかないみたいです。

残念ながら、私たちは恋人になることはないとわかりました。
(少なくとも今は)

でも、それで良かったのだと思います。
なんだか落ち着くべきところに落ち着いた気がします。

これからも、私はその方のことが大好きだと思うので、ご縁があったらとても嬉しいです。

そして何があっても、その方には、

「ありがとう」とか
「素敵だね」とか
「大好きだよ」とか

いい言葉だけを言える人間でいたいです。

別に何かが失敗したわけでも
壊れたわけでもなくて
なんとなく一段落してホっとしています。

その方と出会えて、素敵な思いをさせてくれたことに感謝しています。

そして、この物語にまだまだ続きがあることを期待しています。
やっぱり「運命の人」だと信じているからです。


さて、母が入院しているので私は明日から病院に泊まります。
(たいした病気ではないので心配しないでくださいね)

大好きな方との物語をちょっとお休みして
親孝行してきます。

今年の前半は、心がいっぱい揺れ動いて
なかなか充実したものでした。

そして母が回復したぐらいから
私の脚本のギアが全開になるような気がします。

これからがますます楽しみです♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-04-14 17:41 | つれづれ

おめでとう!

兄が婚約しました!
めちゃくちゃ嬉しいです。

この前の週末は、両家の顔あわせ&お食事会だったのですが
とても嬉しい出来事が!

すごく人気のお店なのに、直前に予約が取れたそうで
行ってみると、とくに何も言っていないのに、ガラス張りでお花が飾られている、素敵な個室に通していただきました。

さらに、おめでたい席だと知ったお店の方が
サプライズでデザートを用意してくださいました!
b0148672_11361967.jpg

本当にありがたいです。
これだけ幸せなことが起きるということは、
二人は、ものすごくいろんな方々に
いろんな存在に祝福されているカップルなのだと思います。
そして二人は、いろんな人たちを良い方向に変え、
より幸せにしてくれるんだと思います。

二人の出会いによって、
私と母、祖母の関係も変わりました。
その過程では、少しだけ戸惑う出来事もあったような気がしますが、
結果的には、すごく良い方向に変化することができました。

これからもさらに私たちは変わり、幸せになり続けると思います。
本当に、二人にありがとう!と言いたいです。

お兄ちゃん、あゆさん、おめでとうございます!
そしてありがとうございます!

今までどおり、仲良く、楽しく毎日を過ごしていってくださいね♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-03-24 11:32 | つれづれ

クリーニングパートナー

昨日、大好きな女の子たちとお喋りをしました。
90パーセント以上、「恋ばな」でした(笑)
なぜ恋愛の話はこんなに盛り上がるのでしょう?

結果はともかく、「人を好きになる」ってことが
ものすごく意味のあることなんだと思います。

たとえ片思いでも
誰かのファンだとか、そういうレベルでも
好きになる相手とは必ず特別なご縁があるのだと思うようになりました。
不思議なことだと思います。

そんななか、最近、ハワイの癒しの方法「ホ・オポノポノ」にも興味が出てきたので
ネットで調べてみたら、宮崎ますみさんのブログに行き当たりました。
その記事がすごく腑に落ちたので
紹介させていただきます。

ホ・オポノポノ

そっか!好きになる相手は「クリーニングパートナー」なんだ!

その相手との関係を創ろうと試行錯誤することで
自分を変えたり
自分を癒さなくちゃならなくなり、
自分の中の、いらない潜在意識の記憶が消去されて
より、インスピレーションのはたらく自分になれる。

つまり、自分が天命を生きるための助けをしてくれるのが
心ひかれる相手なのだと思います。

そう考えたら、めちゃくちゃありがたいです。
出会えたことに、ありがとうですね!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-03-24 11:09 | つれづれ

脱皮

昨日から今日にかけて、なぜか「脱皮」というキーワードが気になります。

私の人生を変えてくださったQさん
手当てマスター講座でお世話になった、大好きな松原廣始先生
音楽劇で一緒だった、かわいい♡かわいい♡じま
「脱皮」についてブログで書いてくださっていました。
なぜかシンクロしています。

私も脱皮が近いのかなあ…

最近私は、とても大切な方と出会い、
その方と繋がることで、きっと自分の殻が破れるのだろうな、と思っていました。

でも少し違うようです。
もちろんその方にパワーはもらえると思いますが

殻を破るのは、私自身。
脱皮する力は、私の中にずっとあったのだと気づきました。

それを信じて、気持ちよく殻をつき破り
えいっと、青い空に向かって羽を広げましょう!

うん、今ならなんか、できそうな気がします!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-03-17 20:30 | つれづれ