舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010年 03月 03日 ( 1 )

♪「宇宙となかよし」脚本化ですが、私がいいものを書くことができていないので、今その企画が止まっています。
実はとても悩んでいます。

「原作」があるということは、縛りが多いということなので、その枠組みの中で、自分を発揮することがなかなかできません(少なくとも私には)
非常に苦しいです。

でも、諦めたくないのです。
どうしても書きたいのです。
なぜか「書ける」と思っているのです。

というわけで、次の締め切りを11日に、勝手に設定しました。
また自分を追い込んでみます。
できなくて本当に情けない限りですが
情けないと思いすぎないようにします。

書くことに限らず、何かをやろうと思ったら
どうしてもアメとムチが必要だな、と思いました。

アメだけでは、自分の枠組みを超えるようなことはできません。
でも、ムチだけでは、潰れてしまうと思います。

先日の名古屋がとっても楽しくて、なぜかいっぱいアメを頂いたような気がするので、

今度は自分をムチ打ってみたいと思います。

今、これを書きながら、アメとムチの「バランス」が大切なような気がしてきました。

たぶん、たくさんのアメに、ほんちょっとのムチ、というのがちょうどいいのでしょう。


自己否定の感情が強い人は、ただでさえ自分にムチ打っているから
自分を褒めてくれて、アメをくれる人にいっぱい会わないといけません。

アメをもらって、自分の感情を生き生きと動かすためのリハビリをするのです。

現代人は、自己否定の強い人が多いような気がするので
意識的に、アメをもらえるような環境に自分を置くべきかもしれませんね。

で、アメをもらって幸せになれた人は
ちょっとムチ打たれて頑張る…と…

ムチだけでも頑張れないことはないけど
「生き生きした感情」を忘れて頑張っても、本物にはならない気がします。

私にとっての一番のアメは
大好きな人たちのことを思うことかもしれません。

「ありがとう、大好き」の気持ちを
心のアメちゃんに変えて
頑張ります。


♪ちょっとごぶさたしています。セバスチャンでございます。
思い返してみれば、私、お嬢様にアメしかあげたことがないような気がいたします。

ムチも必要だとは思うのですが、どうしても厳しくすることができないのですよ。

でも以前お嬢様はこうおっしゃいました。
「セバスチャンが優しくしてくれればくれるほど
私は自分に厳しくなってしまう。
だからセバスチャンは結果的に私を追い詰める」

…難しいもんでございますね。
それがお嬢様の性分なんですから仕方ございません。

ああ、お嬢様が溶けてしまうほど
そして何も考えられなくて、
よろこびしか感じられなくなるほど
美味しいアメをさしあげたい。

でもそれをお嬢様にさしあげられるのはきっと私ではありません。
お嬢様ご自身なのでしょう。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-03-03 02:55