舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー

2010年 02月 10日 ( 2 )

♪いやあ〜、今日は大変な一日でした。

いや、別に大変なことは何もなかったのですが、
今日はなぜかここ1年半ぐらいのうちで、一番落ち込んでしまった日だったのです…

もともと、数日前に、ドリフの転換シーンぐらい、心が動揺する出来事があったのですが、
それがきっかけとなって、すべてマイナス思考になだれ込んでしまったのでした。

それ以来、私の中のお嬢様は寝込みっぱなし、セバスチャンは夜の繁華街にくりだしっぱなし、
かけるは逃亡しっぱなし、とげるは民家を壊しっぱなしでございました。

ここ一年あまりの私の努力も、先月の私の努力も、みんな水の泡になってしまったんじゃないか、とか、
私は皆さまに迷惑をかけることしかしていなくて、
すべてのことに関して、選択ミスばかりしているんじゃないかとか、
本当に、落ち込み出したらキリがなかったです。

喜怒哀楽の、「怒」と「哀」しか感じられなくて、
何を見ても心が動かなくて、
お嬢様やセバスチャンたちの声も聞こえなくて…

また脚本の締め切りが迫ってきているのに、こんなことでは絶対に書けない!と焦りまくりでした。

でも、おかげさまで、夜になったら、いろんな方々が私を救ってくださいました。
こんな私でも、神様は見捨てないんだなあ〜と思いました。

まずはマイミクぽーちゃんが、日記でリンクしてくださっていた、
大好きなこっすの、「伝統芸能ハゲ踊り↓」



これを見て、かなり浮上できました。
ぽーちゃん本当にありがとう♪
(ちなみにこっちのバージョンも好き!)



やっぱりひらパー兄さんは偉大だ!


♪その後に、数日前に素敵なところに連れて行ってくださった素敵な方から

「禍福は糾える縄の後藤ひろひと」

という謎めいたメールをもらいました(笑)

なんか詳細はよくわからないのですが、
ずっと願っていたことに関して、素敵なことがあったらしいです。
良かったですね♪
これからもたくさんたくさん!素敵なことがあるよう、祈っていますね!

…っていういいニュースを聞いて、また浮上できたダンボでした。


♪そしてさらに、「ぶり大根」が誉められた!

…えっと、なんのことかと申しますと(笑)
マイミク不二子さんが、いま体調を崩されて、お仕事などを休まれているので、
「ヒマなので、しりとりしようよ〜」と日記に書いていらしたのです。

前の方のお題が、「大丈夫」の「ぶ」だったので、
何気な〜く、「ぶり大根」と書きこみましたら、
お会いしたことのない不二子さんのマイミクの、サム☆ライさんとルーちゃんさんが

「ぶり大根って面白〜い(^^♪」
って誉めてくださったのです。

いやあ〜、本当に嬉しかったです!
自分のコメディセンスに自信がなかったもんで…

不二子さん、サム☆ライさん、ルーちゃんさん、
本当に本当にありがとうございます!
皆さまの励ましを胸に、ダンボはこれからも強く生きていきます!

…っていうか、いきなりしりとり終わらせてしまってすみませんでした!


♪(久しぶりに起きてこられたお嬢様です)

お嬢様「笑いって本当に素晴らしいわ。私、たとえどんな辛いことがあっても笑いだけは忘れずに生きていくわ!
そして、落ち込んでも何度も立ちあがり、自分の夢に向かって歩んでいくわ!
そうよ!案ずるより横山やすしよね!」
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-02-10 22:44
♪お嬢様は熱を出して寝込まれ、セバスチャンは夜の繁華街にくりだし、
かけるは逃亡、とげるは怒って民家を壊す、といった感じの動揺が、未だに続いています。

本人的にはかなり大変なのですが、はたから見ると、この現象はきっと面白いのでしょう。
ぷ〜ママさんが、「ドリフの転換シーン」のようだと表現してくださいました(笑)

ドリフの転換はかなりユーモラスですが、きっと転換スタッフさんは命がけだったでしょうね。
でも、一歩ひいて見ると、やっぱりユーモラス!

そんなわけで、とても面白い精神状態になっているので、今しか書けないものを書こうと思っています。
さっきまで想流私塾のを書いていたのですが、おかげさまで「痛い」話にはなったと思います。

「宇宙となかよし」も、きっと今の状態で書くと、また新たな発見があるのでしょうね。

頑張ります!

どんな経験も、どんな感情も、すべて自分が味わいたかったから味わっていること。
そのことが腑に落ちているので、今はこのぐちゃぐちゃな状態を楽しんでみたいと思います。

♪セバスチャン「夜の繁華街は、とても刺激的でございます。
せっかくなので、この刺激を楽しめるようになるまで、頑張って味わってみたいと思います。
でも本音を言えば、早くお嬢様のところに帰りたいなあ…」
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-02-10 02:06