舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 07月 02日 ( 2 )

ドラマ創りって面白い!

実は、ある方面から、3分間の脚本を頼まれています。
どういう方面か、ちゃんと書けたら、ご紹介しますね(^_^;)
短い脚本ってのは、ホントにアイデア勝負だと思うんです。
状況を説明している時間はなく、いきなりポーンと本題に行った方がいいし…
いいかげんなアイデアだと、たとえ3分といえども、もてあましてしまうと思うんです。
3分って結構長いですよ。
私の大好きなM-1グランプリの漫才よりもちょっと短いだけですから…(笑)

ここ数日間はその3分を中心に生活します。
脚本の神様~すばらしいアイデアを降らせてくださ~い♪(^_^)/


さて話は変わりますが、小中校の同級生で、大好きなお友達、でびみきちゃんが、先日の公演のことをブログに書いてくれました。↓
劇団てん「どこかで誰かがかんちがい」

三部作を全部観てくれたでびみきちゃんが、とっても感動してくれたのが嬉しかったです!
ありがとう!
でびみきちゃんの文章で、とても面白いなって思ったところがあるので、ご紹介させてくださいね!

この作品は三部作で今回が第三弾。三世代に渡る母子の確執を描いています。確執といってもコメディありホラーありで単にドロドロしてるだけじゃない飽きさせないストーリー。ただこの親子間の確執は根が深い。民族差別、死別、女同士の意地などいろんな理由があって、どうやったら仲直りできるのだろうと少し絶望的にもなるのですが、「それは勘違いだよ」という言葉で全てが解決する。全ての確執はお互いのことがよくわかっていないから、勘違いしてるから起こる。なるほどなぁ、と思いました。

ありがとう!
私こそ、なるほどなぁと思わせてもらいました(^_^;)
「かんちがい」という言葉を、そう理解してくれたのか…とすごく嬉しかったです。
実は私は、でびみきちゃんの解釈とは、ちょっと違うニュアンスでこのタイトルにしたんですね。
私の意図は、「人生には時々、悪いことが起きるように見えるけど、それはかんちがい」
「価値のある人間とない人間がこの世にいるように見えるけど、それはかんちがい」
…という二つの意味の「かんちがい」だったのです。

でも、どれが正解ってことはないのだと思います。
お客さまそれぞれが、自分の解釈で楽しめたり、感動してくださるのがお芝居の魅力なんだと思います。
そういう意味では、今回のお芝居は、お客さまにご自分の人生を重ね合わせて観ていただける
種類の作品だったのかもしれないな、と少し安心しました。

皆様、本当にありがとうございました!m(__)m

いやあ~ドラマ創りって難しいけど、面白いですねえ~(^_-)-☆
とりあえず、3分間のドラマ楽しもうっと♪♪♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-07-02 11:00 | 物語

応援される幸せ♡

公演が終わり、余韻覚めやらぬ毎日です。
いろいろやることはあるのですが…(^_^;)

いつも公演のたびに思うのですが、来てくださった方はもちろんのこと、来れなかった方もメールをくださったりして、ものすごく沢山の方々の「愛」を感じます。
そして沢山の方から「おめでとう!」って言っていただけます。
これって、すごく幸せなことだと思うのです。
舞台をやっていなかったら、こんな幸せ、自分の「結婚式」の時にしか感じられなかったんじゃないでしょうか?

今回も沢山の方々に応援していただいたのですが、
先日もご紹介した私の大好きなシンガー、marieさんが、今回のことをブログに書いてくださいました。

感動のフィナーレ・・・♪

読んでくださったらすぐわかっていただけると思うのですが、信じられないぐらい、大きくてあたたかな愛にあふれた記事です。
marieさん、本当にありがとうございます!(涙)

marieさん…marieさんのコメントで、すっごく嬉しかったところをご紹介させてくださいね。

このストーリーは本当に壮大ですね。
(ビデオとかは出ないのかな?あれば買って帰りたかったです。)
様々なエピソードの中には、ダンボさんの愛がいっぱい詰まっているんですね…。

ただの面白い、スケールの大きな物語でなく、そこにはこのミュージカルを通して観てくれる人が”幸せになりますように”という、ダンボさんの強い想い、愛、そういったことをものすごく感じました。

そらちゃんも、ダンボさんも、そうなんですよね。
パンフを読んでても、感じたのですが、そこが他の人と違うんです。
まず自分のことを言ったり自分の願いを言う前に、人の幸せ、みんなが笑顔になる事をいつも思っている・・・。
”人のために・・・、一人でも多くの人が幸せになって欲しくて、そのために自分は大好きな演劇の仕事をしている、そしてそれが自分の幸せ…。”

この真心と思いやりに溢れた3部作だったと思います。まさに「愛」あるステージですよね!!!


…こういうふうに思っていただけて、とても嬉しかったです!marieさん、ありがとうございます!

でも、marieさんが言ってくださるみたいに、「誰かの幸せのために」仕事をできているか…とい聞かれると、本当は自信がありません。

余裕がなくて、いつもいっぱいいっぱいです。
だからせめて、感謝の気持ちを忘れずにいたいです。
応援してくださる方々、愛をくださる方々のことを考えて、その方々の笑顔を思いうかべて、これからもお仕事をさせていただきたいです。
応援していただいて、幸せ♡です。
皆さん、大好きです。ありがとうございます!

…さて、(^_^)

今日は関西人が「死ぬほど応援しているもの」を観に行ってきました!
これです。

b0148672_1303257.jpg

そう、「阪神、中日戦」を甲子園球場で観戦しました。
人生初の野球観戦!阪神が勝ちました!

私は野球、よくわからないのですが、あの阪神ファンが一体となって応援する感じは、とても楽しかったです。ハマりそうです。

誘ってくれたでびみきちゃん、チケットもグッズも用意してくださってもてなしてくださったでびみきちゃんのお兄様、本当にありがとうございました!

阪神の選手の方々も、こんなに多くの人から熱く応援されて幸せ♡ですね。

さあ、いっぱい応援してもらってることだし、明日からまた、違う脚本に楽しんで取り組みます♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-07-02 01:06 | 大好き!