舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

劇場にいる幽霊/思うパワーより思われるパワーの方が強いみたいだ!

ブログの更新が遅れぎみになっていますが、めちゃくちゃ元気に楽しく過ごしています♪
4日の稽古前、私が出演する音楽劇と同じ神戸アートビレッジセンターで公演されていた、大川興業さんの「THE BACK OF BLACK」という作品を見ました。

なんと最初から最後まで暗闇で繰り広げられる演劇だったのです。
見る前に、「暗所恐怖症の方、心臓の悪い方、妊婦の方は、あらかじめスタッフにお申し付けください」と注意されるんです。
どんな演劇や!と思いました(笑)

大川興業さんというイメージや、暗闇だけあって、きっとドタバタなコメディかホラーなのかな?と思っていましたが、意外や意外!とっても感動作で素敵な舞台でした。

印象に残ったのは、ちょっとネタバレになってしまいますが、幽霊が出てくるシーンです。
普通の演劇なら、幽霊も役者さんが演じるわけですから、もちろん姿は見えますよね。
でもこの作品はずっと暗闇なので、「声」しかしないわけで、幽霊がいつ出てきていつ消えたのかもわからない。
また、話の設定も「劇場の舞台裏」という設定になっていたので、幽霊があらわれるという状況がとてもリアルに感じられて、とても上手くできているなあ、と思いました。

余談ですが、劇場に幽霊がいる、という話は本当によく聞きます。
具体的に、「ここに居るらしいよ」と教えてもらったこともあります(笑)
でも私はあまり怖くは感じられないんです。
私にとって劇場は「夢の世界」だから、そういう場所が好きな霊さんも、「そりゃあいるだろうなあ」と思うからです。

舞台は、いろんな存在と一緒に楽しみたいし、
作品創りにかかわる時は、いろんな存在に協力していただきたいです。
たとえ生きている人じゃなくても、協力してくださったり、応援してくださる存在なら大歓迎です!
そういう気持ちでいたら、霊さんも決して悪さなんかせず、楽しんでくれるんじゃないかなあ♪

そして話は変わりますが、4日の稽古終わりは、皆さんと飲みに行きました。
作曲をしてくださっている劇団☆新感線の右近健一さんや、歌唱指導の真鍋みよ子先生も来てくださったし、出演者のほとんどが参加しているのではないかと思うほど大勢の飲み会で、本当に楽しかったです!
今回の作品は、スタッフさんや出演者の方々が素敵で、いいエネルギーを出される方ばかりなので、本当に恵まれているな、と思います。

その飲み会の席に、手相を見るのが特技だという出演者がいたので、
私も見てもらいました。

すると
「26、7歳の時に、恋愛してませんでしたか?」
と言われました。

「どう考えてもしてなかったなあ…好きな人もいなかったし…」
と思っていたのですが、後になってハっと気づきました。
その頃、私は好きな人はいなかったのですが、どうやら私のことを思ってくれていた人はいたらしいんです。

そういえば、その飲み会の席では、ほかの人も
「この頃、あなたのことが好きな人がいたんじゃないですか?」
とか
「今、誰かに思われているみたいですよ」
とか言われていたなあ…

「思った」ことが手相にあらわれるのはなんとなくわかりますが、
「思われた」ことも手相にあらわれるんですね。
しかも、「思った」ことより「思われた」ことの方がよりハッキリとあらわれるのかもしれません。
すごく面白いな、と思いました。

誰かが誰かを思うパワーって、きっと、ものすごく強いんですね。
その人の体に痕跡を残すぐらい、強いんですね。

ってことは…
「夢を叶えたい」って頑張るよりも
「この人に夢を叶えて欲しい☆彡」って応援されるほうが、ずっと夢は叶いやすくなるのかもしれません。
「幸せになりたい」と試行錯誤するよりも
「この人に幸せになって欲しい☆彡」って祈られる方が、ずっと幸せでいられるのかもしれません。

「思われた」だけで、
具体的に「何か」をしてもらったわけじゃなくても、
その「思われるパワー」は、その人に影響を与え、その人の現実を変えていくような気がします。

私には、大好きな人や憧れの人がいっぱいいるのですが
具体的にその人たちのために何かしたくても、何もできないことも多いです。
でも、
「幸せでいてくださいね☆彡」
と祈るだけで、きっとすごいパワーが発生しているに違いない!
と思いました。

これからも、ただ思いながら、祈りながら過ごしていこう。
と、ちょっと安心した夜でした。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-10-04 23:59 | つれづれ