舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

歌があるから…

今日は、私のホーム、劇団てんの稽古を見学しました。
劇団てんはもうすぐ、新神戸オリエンタル劇場でショーの公演をさせていただくのです。
では告知しま~す!

「華やかなミュージカルの世界へ」
~ミュージカルナンバーとシャンソンでつづる人生~

(劇団てんホームページ、公演情報をごらんください)

ミュージカル俳優の沢木順さん、井料瑠美さん、シャンソン歌手の拵井加代子さんをゲストにお迎えしてお届けする、とっても華やかでドラマチックなステージです☆
名曲がいっぱい!楽しんでいただけること間違いなしですので、どうぞ皆さん観にいらしてくださいね♪

私はこの作品にあまり関わっていなかったのですが、
久しぶりにみんなが歌い踊るのを見て、「やっぱりミュージカルはいいなあ(^^♪」
と思いました。

みんな、とっても楽しそうです。
私も今、音楽劇の稽古をしているので、役者さんの気持ちも少しはわかるようになりました。
いい曲があったら、たとえ自分の実力に自信がなくても(笑)、とりあえず歌ってみたり踊ってみたりしたくなるもんですね。
私も、稽古場で歌わせていただけるのがとても楽しいです。

「そこに山があるから」登山家は山に登る。
「そこに歌があるから」舞台人は歌う♪

私が今後ミュージカルの脚本を書かせていただくときは、素敵な曲をいっぱい書いていただけるように、素敵な歌詞をいっぱい書こうと思いました。

今までにも私はミュージカルの脚本を何本も書かせていただいているのですが、
自分の気持ちとして、あまり「歌」に比重を置いていなかったような気がします。

歌は作曲家さんが創られてはじめて形になるものなので、
脚本の時点で、あまりイメージできていなかったのかもしれません。
どうしても台詞で語ってしまいたくなって、音楽にゆだねることができなかったんです。

歌や音楽から物語を発想されて書かれる脚本家さんもいらっしゃると聞きますが、
私は全くそういうタイプではありませんでした。
もしかしたら私が左脳的に考える人間だったということも、関係があるかもしれません。

でも今回役者として音楽劇に参加させていただいて、
舞台や物語にとって、「音楽」はとっても素敵な要素だと身体で感じることができました。

これから私の書くものが、
もっとキラキラして、もっとゆったりして、もっと自由なものになればいいな、なんて思っています♪(*^_^*)♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-31 23:43 | 舞台