舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

よく知っている人と出会いなおす。

24日は、従兄の結婚式でした。
私の父の一番上のお兄さんの息子さんです。
まわりの方への思いやりに溢れていて、大人な感じのするとても素敵なお式でした。

彼のことは、もちろん小さいころから知っているけれど、彼女がいるという話も聞いたことがなかったので、結婚式で幸せそうにしているのを見て、とっても不思議な気持ちがしました。
そして、「この人ってこんなにカッコ良かったっけ?」と思いました。
まるで知らない人を見ているような気がしたのです。

また、この結婚式の最中、私は別な従兄と思いがけず話がはずむ、という出来事がありました。
彼は演劇が好きだとは聞いていたのですが、私と語り合えるぐらい好きだとは思わなかったので、楽しく話が出来たのがとても意外で、嬉しかったです。

「よく知っている人と出会いなおす」ってことがあるんだな、いうことを感じた一日でした。

ある人が、今まで見せなかった一面を見せる時、
その人は、以前の自分よりも、より、「その人らしく」なっているんだと思います。

その人がもともと持っていたある部分が、「愛する人」や「大好きなもの」などの刺激と触れ合うことによって、どんどん表面に出てくるんだと思います。

その人がその人らしくなる過程で、一瞬ネガティブなものが出てくることはあるかもしれませんが、
「自分らしくなる」ってことがどんどん進むと、きっと人ってみんな「素直に」「優しく」「ポジティブ」になっていくのだと思います。

そう思ったら、「人間関係」って、きっと何度でも「創りなおせる」ものなんだなぁと思いました。

もし私が、本当に自分らしく、自然に人と接することができたら、その人もきっと「自分らしい」姿で接してくださるのだろうと思います。

私にとって、とくに「家族」や「親戚」って、「知っているつもり」になっている人たちでした。
「このあたりまでは解ってもらえるけど、きっとここからは理解してもらえないだろうな」
なんて、決めてしまってあきらめていることもありました。

でも本当は、そういう人たちとの関係こそ、いい意味でこれからどんどん変えていける可能性があるのだろうな、と思いました♪
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-24 23:55 | つれづれ