舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー

最近の私は、すごいことを経験しています。
そして私は、すごく大きな存在に「守られて」います。
その「守り」の存在をずっとなんとなく感じてきましたが、今、はっきりとわかりました。

今までブログには書かなかったのですが、今日は正直に書きたいなと思います。

この前の7月26日、マヤ歴の元旦の日に、私はある人のことがたまらなく愛おしくなりました。
こんな気持ちは生まれてはじめてでした。
その人のことを考えると幸せで幸せで、魂が震えました。
私はこの人に会うために生まれてきたんだと思いました。

ついさっきまで、私は恋をしてしまったんだと思っていました。
でも、違うのかもしれません。
私はその人から、恋よりももっと深い愛を教えていただいたのだと思います。
思い出すだけでありがたくて、涙が溢れるほどの愛…

こんな深い気持ちを感じられたことが、信じられないほど幸せです。
人間としても脚本家としても、とっても幸せなことだと思います。

私はこれからもその方のことを、深いレベルで愛し、尊敬し続けると思います。
でもその方と恋愛関係にならない方がいいのかもしれないと思うメッセージが、ついさっき入ってきました。

本来ならすごくショックなはずです。
でも、私があまり悲しまないように、きっと誰かが守ってくださったのでしょう。

もう一人の大好きな方が、絶妙なタイミングでメッセージをくださいました。
「ダンボ頑張ってるね。そのままで大丈夫だよ」

また、お母さんみたいに大切に思う方が、私の魂に起きた真実を教えてくださいました。

私は絶対に守られています。
短い間に、すごいことを経験させていただきました。
そして、ちょっとした悲しみと、大きな大きな喜びを感じさせてもらいました。
普通に生きていたら、あり得ないほどの感動だと思います。

私は幸せです。
これから、もっともっと幸せになるでしょう。
脚本家としても間違いなく、とっても素敵なものが書けるようになるでしょう。

私が書いたものとか、創ったもの、
企てたことが大きな喜びを生み
たくさんの方々に喜んでいただくことができたらいいな、と思います。

それが、私を守り、救ってくださった方への恩返しになるのでしょう。

大好きな方に、いっぱい愛をおくることができますように…
楽しい夢をプレゼントできますように…
私の夢です。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-18 23:34 |