舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

即興!!!

昨日からはじまったアンサンブル・ゾネの岡登志子先生のダンスワークショップの二日目に参加しました。
これは、トランペットの即興演奏とコラボして即興で踊る、というのが最終目的のワークショップです。
ワークショップが行なわれた場所は、芦屋市立美術博物館の中という、とてもユニークな場所。
この二日間は、私にとって、今までに経験したことのない、非常に刺激的な経験になりました。

「即興」というのは、大きく分けると、次の二つの刺激から生まれてくると思います。

①自分の内側の欲求…つまり今回の場合は、「身体」が要求する動き。

②自分の外側の刺激…つまり今回の場合は、「トランペットの音色」「美術博物館独特の空間の雰囲気」「他の参加者の動き」など。

私は今、「気功」と「インプロ(即興劇)」にハマっていますが、「気功」は自分を①に反応しやすくする方法だと思います。
「インプロ」は、②に反応しやすくする方法だと思います。

その意味でも、今の私に必要なもの、興味あることが全部つまったワークショップでした。
①や②の刺激により、自分でも全く想像していなかった「動き」が生まれていくのがとっても面白かったです。
岡先生もとても素敵で大好きになりました。10月の音楽劇で振付をしていただけるのが嬉しいです。

「即興」…まだ苦手意識があるのですが、自分を①や②の刺激に「ゆだねる」ことができたら、すごく楽しい表現方法だと思います。
要するに、「自我」がなくなると、「即興」が上手になるんだろうな、と思います。
そして、直観も冴え、「ツイてる」ことがいっぱい起きるんじゃないかな、と思います。
これからも、「即興」という分野を大切に思って、追求していきたいです。


でも、少しは私も「ゆだねる」ことができるようになったのか、今日とってもツイてることがありました!
ワークショップ会場の「芦屋市立美術博物館」は住宅街の中で、電車の駅からはちょっと行きにくい場所にあるのですが…
昨日は行きはタクシー、帰りは他の方とご一緒だったので、今日ちゃんと一人で行けるか少し心配だったのです。

でも今日の「行き」は、バス停で同じワークショップを受ける方と偶然出会い、全く迷わずに博物館にまで案内していただけました♡

「帰り」は、もう一人の方とご一緒にバス停まで行こうとしたら、これまたワークショップの参加者が「駅まで送るよ」と言って2人とも車に乗せてくださり…
しかも車の中で、偶然3人の家が、非常にご近所さんだと判明!
駅までどころか、自宅の近くまで送っていただけました♡
どう考えても、非常にツイていました!

もともと運の良い私ですが
これからさらに「ツキ体質」になってくる予感がします。

そのためにも、今自分が興味を持っていることに正直になって、
楽しいことをいっぱいしていきたいな♪と思いました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-03 23:33 | つれづれ