舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「氣」の力

ブログの文章にどれだけあらわれていたかわかりませんが、最近私はちょっと悩み、落ち込んでいました。
落ち込むと何もかも嫌になります。
昨日、そんな状態で、大王後藤ひろひとさんの書かれた作品、タニマチ金魚の「更年期SHOW GIRL」を観に行きました。
いやあ…素晴らしく楽しかった!
気持ちよいぐらい笑いに溢れた舞台で、私は落ち込んでいたのにもかかわらず、大王の魔法にやられてしまいました。

その夜、深夜にテレビで見た「ラ・バヤデール」の湯川麻美子さんも、存在感ある素晴らしい演技と踊りで、とっても感動しました。
全くジャンルの違う二つの素晴らしい舞台を見た私は
「落ち込んではいられない!私にも皆さんを幸せにする舞台を創るっていう夢があるじゃないか!」
と、自分を奮い立たせたのです。

でも…いくら「元気を出そう」と思っても、一度へこんでしまった心は簡単にはもとに戻りません。
わかっちゃいるけど、なかなか気合いが入らない…
そんな不安定な状態で今日の日を迎えたのですが…

今日の朝、参加した「気功」のレッスンがすべてを変えてくれました。
私の通いはじめた「観月流和気道」のメソッドというのは、本当に素晴らしいもので、ネガティブな心と体を、もとのあるべき快適な状態(ニュートラル・ポジション)に戻してくれるのです。
前から良いものだと思っていたのですが、今日ほど、その効果を実感できたことはありませんでした。

今までと状況は何も変わってないのに、気功レッスンが終わった私は、なぜだかスキップでもしたい気分♪

そのまま今日は、アンサンブル・ゾネの岡登志子先生のダンスワークショップにも参加しました。
岡先生は、今度私が出る舞台の振り付け家でもあるのですが、
そのレッスン内容が、なぜかまたすごく気功レッスンの内容と共通していたのです。

丹田に意識を集中すること。
自分の体にとって気持ちのよい動きをすること。
呼吸からすべてがはじまること。

1時間半ダンスのレッスンをしたというよりは、1時間半「氣を体に取り入れ続けた」という感じで、このレッスンが終わると、また私はめちゃくちゃ元気になりました!
その後さらに、オーサカキングに行き、ステージショーの応援もしましたが、今日は全然疲れませんでした。

まだ私にはよくわからない世界なのですが、とにかく「氣の力」ってすごいんですね。
「氣」をうまく巡らせていれば、働けば働くほど元気になるというのも本当だろうと思います。
いつも元気で、いつもハッピーでいるために、いい脚本を書きやすくするために、私はこれから気功にますますハマるだろうと思います。

いやあ~私っていいものに出逢っているなあ。
本当にラッキーです!

↓オーサカキング、今年のステージのテーマは「オーサカキンギョ」楽しかったです!

b0148672_214191.jpg

[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-08-02 23:30 | 観月流和気道