舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

二人のお誕生日会でいただいたもの

昨日の夜は、私の家で二人のための合同お誕生日会をしました。
誰と誰のかって?(^^♪
兄の彼女さんと私のです!

なんと!私たちは誕生日が全く同じなんです!!!
これはなかなかのご縁だと思いませんか???
(年は、私の方が三つも上なんですけどね。^_^;)
私たちはどちらも、同じ誕生日の人にはじめて会ったのです!!!

私たちの本当の誕生日は、もう少し後なのですが、みんなが揃うのが昨日だったので、早めのお誕生日会になりました。
もちろん、ケーキにも二人の名前を書いてもらいましたよ♪↓

b0148672_11582160.jpg


それだけでも素敵な気分になっていたのですが
そのうえ私は彼女から、素晴らしいプレゼントをもらいました!

「ブルー・ノート」

これは「タクマ クニヒロ」さんというカメラメンの方の写真集で、青い写真ばかりが集められているものです。
(ケーキの上の方にあるのがその写真集です)

「執筆活動で目が疲れたときに、青い写真を見て癒されてください」
ってことで、プレゼントしてくださったのですが…
私は写真そのものもさることながら、写真に添えられている彼のメッセージにビリビリきました。
まさに、今の私のぴったりのメッセージだったのです。

タクマさんは、20代でカメラマンを志されてから、決して順風満帆ではなかったそうです。
アシスタントの仕事はつとまらず、食えない日々が長く続き…
やっとの思いで成功したのですが、そのことによって有頂天になってしまい、仕事も人間関係も体調もとんでもないことになってしまったのです。

しかし数年後、偶然、ある公園で真っ赤なポピー畑に遭遇し、それをレンズごしに見た時に戦慄が走ったそうです。
それから、全国の花の写真を撮るようになり、その写真展を開いたとき、ものすごく多くの人が喜んでくれたんだそうです。
その体験を通してタクマさんは気づかれます。
「自分が撮った写真が自分以外の人に喜んでもらえることで、自分自身の心も満たされる。これが仕事をすることの意味なんだな」って…
タクマさんが仕事をはじめられてから、その出来事を経験するまで、20年という長い年月がたっていました。

私は、昨日ブログに書いたみたいに、「やりたいこととできることと頼まれること」が整理できなくて、ちょっとイライラしていました。
でも、今のタイミングでこの写真集をいただいたことで、何かの答えを与えられた気がしました。

「他の方々に喜んでもらえる仕事をすることが究極の目的。
だけど、どうすればそういう仕事ができるのかがわかるまでは、長い年月がかかることがある。

だから、脚本に取り組んで10年もたたない私が迷ったって、あたりまえだなあ…って思ったのです。

タクマさんはこうも言っておられます。
「振り返ってみれば自分に起こるすべての出来事は、自分にとってベストタイミングで起こっていた。すべての人との出会いも偶然ではなかった」

今、私が取り組んでいるものは、多分、すべて今の時期にやるべきだし、やりたいと魂が望んでいるものなのだと思います。
もちろん、このブログもそうです。
だから、選んだものはすべて正解!
迷わずに、その瞬間その瞬間、目の前のことだけに集中していけば良いのだな、と安心しました。

というわけで、本当に素晴らしいプレゼントをくださったあゆみさん、ありがとうございます!
お誕生日おめでとうございます♪

私たちが同じ誕生日なのは、とっても素敵な神様からのプレゼントです♡
これからも兄をよろしくお願いいたします!!!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-07-13 11:49 | 大好き!