舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今日は二度目のおめでとうの日♪

今日はうってかわっていいお天気でしたね!

無事、母方のおばあちゃん(あだ名はあーちゃん)を送ることができました。
あたたかいお気持ちをくださった皆様、ありがとうございます。
またゆっくりお返事させてくださいね!

ちゃんと棺の中に、イチゴときつねうどん(どん兵衛のだけど(^_^;))を入れましたよ。
今頃神様にお湯をいただいて食べてると思います(笑)

本当に面白い二日間でした。

親戚だけでひっそりと送るつもりが、ご近所の方に知られてしまい、けっこういろんな方々が来てくださいました。
さすがに97年も生きていると、ただ生きているというだけでご近所の方々も尊敬してくださっていたようです。
あーちゃんに関することで、私の知らない話もいっぱい聞くことができました。

97年生きるって、よく考えたらすごいですよね。
あーちゃん、がんばったんだ。えらかったね!
私も負けないぐらいがんばるね!

今日、お寺さんがこんなことを話してくださいました。
「お葬式というのは、お浄土に生まれる日です。だから今日はおばあさまにとって、二度目のお誕生日なんですよ。お葬式の日にお赤飯をお供えする地方もあるぐらいなんですよ」

その言葉を聞いて私は、最後に会った日、あーちゃんが言ってた言葉を思い出しました。

「今日寝て、明日目が覚めたら、二度目のおめでとうだね」

あーちゃんは認知症の症状も少しあったし、その時はどういう意味で言ったのかよくわからなかったのですが
もしかしたら、「あーちゃんはもうすぐ天国に行くよ」っていう意味だったのかもしれないと思いました。

私があーちゃんに最後に会ったのは、実は一週間近く前だったので、どうしてもっと直前に会いに行かなかったのだろうと少し後悔していたのですが、
今日のお寺さんの言葉を聞いて、
「私にとってのお別れの日は、きっとあの日だったんだな」と納得することができました。

そう言えばその日、あーちゃんはこんなことも言ってました。
「明日目が覚めたら、遊びたい」

これからいっぱい遊べるよ♪よかったね!

あーちゃんの二度目のおめでとうの日は、母と私にとっても、おめでとうの日でもあります。
個性的なあーちゃんと一緒に暮すのは、楽しいと同時に、大変なことでもありました。
でもその大変さはもう無くなります。

私はずっと、「あーちゃん、お母さん、私、という三世代の女の葛藤は、神様から私たちに与えられた宿題なんだろうな」と思っていました。
でも、私たちはその宿題を、ようやくやり終えることができたのでしょう。
これから、もっともっと感謝に満ちた、楽しい日々がはじまるんだと思います。

おめでとう!私たち!

私はこれからの人生で、
あーちゃんが、私との最後から二番目の日に、
グループホームの所長さんに言ってくれた言葉を、素直に信じられる自分になります!

「この子(私)、ステキでしょ」

ありがとう!あーちゃん!

大好き!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2011-02-15 22:13 | 大好き!