舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

素敵だぞ日記(「源八橋西詰〜〜I'M STANDING AT THE CROSSROADS AGAIN〜」)

b0148672_15272317.jpg

♪すいません、殿方との分刻みのデートをこなすのに忙しく(ウソ)
素敵だぞ日記書くのが遅れております。
まずは昨日の日記を…

ロイヤルプラント名古屋で出会った、とっても素敵な女優さん、とおやま優子さん(YU)
が主宰されている「Plant Seeds Project」の大阪公演が行われていましたので、お昼公演を観に行きました。

大王、後藤ひろひとさんが14年前に書かれた「源八橋西詰〜〜I'M STANDING AT
THE CROSSROADS AGAIN〜」という作品で、
二人の男性と一人の女性が一話ずつ主役になるオムニバスでした。
それぞれの人生を歩むことになる三人が、「悪魔に魂を売る」ために「源八橋西詰」という交差点に立つことになる、という物語です。

小さいエピソードのように見えるのに、どれもすごく力のあるお話で、心にズシっときました。
でも、大王も「ひろぐ」で書かれていたように(「コピーライターの話」)、「童話作家の話」が、ちょっと違った意味で、印象に残りました。

なぜかこの「童話の世界」のお話は、この世のものではないような気がしました。
それぐらい、魅力的なお話なのです。
天からふわふわと降りてきたお話のような気がしました。

そして、本当に本当におこがましいことを感じてしまいました。
「こういう物語の書き方、私も一回だけ出来たことがある…」って…

劇団てんのミュージカル、「どこかで誰かがかんちがい」という作品の中に
「魚とカナリアとかえるの話」という劇中劇があったのですが
それと近い出来かたをした作品であるような感じがしたのです。

ものすごく悩んで、「もうダメだ!」と思った時になぜか思いついた、「魚とカナリアとかえるの話」でした。

大王の作品と自分の作品をくらべるなんて、もうほんとに、おこがましいにも程があるんですが、
最近書けなくて書けなくてへこみまくっていた私には、ものすごい勇気づけられる気がしました。

究極に悩んで悩んで、もうダメだ!と思った時こそ、奇跡のようなことが起きるのかもしれません。
14年前の奇跡は全然力を失わずに、さらに美味しい水と日光を貰って、とっても綺麗な花を咲かせていました。

YUは女優さんとして存在感のある人だなあ、といつも思います。
綺麗ごとじゃないというか、いい意味で現実感のあるところが魅力です。
ちゃんと人と向き合い、毎日を生きているからこそ、素敵な芝居ができるんだな、と思います。

今回演出補佐&出演の柴栄佳美(おじょう)も面白かったです。
何であんなもん飲んでるの?食べてるの?とか思ってしまいましたが、
ズシっとくるお話の中で、なんとなくホっとする存在でした。
おじょうは、いい意味で現実離れしているところが魅力だと思いました。

ギターの生演奏で物語が運ぶ演出もとても素敵でした。
関係者の皆さま、ありがとうございました!

…それにしても「悪魔に魂を売る」ってどういうことだろう?と考えてしまいました。


私にはそれが悪いことだとは思えませんでした。
自分の弱いところを知り、何度も何度も諦めながらも、どうしても最後まで諦められないところに悪魔がいるのかな、と思います。
じゃあ悪魔のいるところのすぐ近くに、天使もいるんじゃないのかな。
そんなことを思いました。

今日の17時の公演が大阪は最後です。
でも7月16〜18日には、演出と役者さんを変えて、名古屋公演が行われるそうです。
とっても素敵な作品なので、皆さまぜひお運びくださいね!

(つけたし)

これを書いた後、おーじの日記読んで、「こわれゆくYU」について書いてなかった…
と反省しました。
「看板女優」のお芝居、ちょっと衝撃的でめっちゃ良かったです!
コメディエンヌだ!と思いました。
名古屋でますますパワーアップしそうですね。
ありがとう!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-03-07 15:27