舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

素敵だぞ日記(「命は叩かれるからこそ命」、「繊細で大切なものほど壊れる宿命にあるようだ」)

♪脚本の黄身(核)がつかめないかなあ、と奮闘中です。
いろいろヒントは転がってる気がするんだけどなあ…

さて、今日、目にしてドキっとした言葉が二つあります。
一つ目は、斉藤一人さんの本に載っていた言葉です。
「命は、人が一度叩かれると書きます。叩かれるからこそ命なのです」

そっか…生命力あふれる生き方をしようと思ったら、叩かれて当然なのか…。

勇気がわいてきた言葉でした。
よおし、鋼のように、叩かれて叩かれて、強くなろう!


♪そして、二つ目は俳優の滝田栄さんの自伝に載っていた
「繊細で大切なものほど壊れる宿命にあるようだ」という言葉です。

滝田さんは、焼き物を創られるそうですが、乾かすのに何年もかかった思い入れのある作品ほど
壊れてしまうそうです。

私はこの一文を見た時なぜかドキっとして、
いくつかの物事や、ある人たちのことを思い出しました。

自分がこの言葉を見て、とっさに思い浮かべたものが、
本当に自分にとって大切なものなんだな、と
自分の心の望みがわかった気がしました。

守りたい大切なものは、もちろん壊れて欲しくありません。

でも、壊れることを心配するのではなく
その人たちや物事の内にある
強さを信じてあげたいような気もしました。


まずは自分を信じます。
自分は叩かれても平気!
ちょっとやそっとでは壊れないぐらい強いってことを信じます。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-03-04 23:55