舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

素敵だぞ日記(2月も頑張ります!、棒付きのアメ玉がわたあめになった、お嬢様とセバスチャンのバレンタインデーはどうなる?)

♪1月に頑張りすぎたのか、いまいちエンジンがかかっていない自分を感じます。
精神的にはハッピーなので、ただ単に体力を失っただけなのかもしれません。
でも、せっかく一度エンジンをかけたのに、いま勢いを落とすともったいないなあ、と思います。
健康に気をつけて頑張ります!

次の想流私塾の締め切りが2月15日です。「宇宙となかよし」の直しの締め切りは2月19日に決めました。
ここで宣言しておくと厳守すると思うので、書いておきます。

2月も頑張るぞ!


♪さて、今日、Qさんとお話していた時に
「人は絶対に変わらない」
という話題になりました。

人の根本的な部分は絶対変わることはないそうです。
「脱皮」することはできるけど、それは変わったわけではない。

「あの人は変わった」とか
「私は努力して、だいぶ自分を変えていったんです」
とか思うけど、
それは変わっただけではなく、よりその人らしいその人に「戻った」だけなんですね。


私は、とくに2010年になってから「脱皮」の機会が急に増えたような気がします。

「こんなこと絶対無理!」と思っても、頑張ればできたり
厳しい言葉を投げかけられた時、もっと凹むかと思ったら、意外と嬉しかったり、
「この人ムカつく!」と思っていたような人を、なぜか好きだと思ったり、
本当にいろいろなことがあります。

新しい出来事や人に出逢うたび、違う自分が引き出されていく感じです。
今まで認識していた自分自身は、あまりあてにならないんだな〜と思います。

でも、それでも根本が変わっていないのなら、
根っこは変わらないまま、自分自身が少し広がり、自由になってきたのかな?と
希望を持っています。

たとえて言えば、
以前は、「硬くて小さくて融通のきかない棒付きのアメ玉」でしたが、
その「棒」は変わらないまま、いつのまにかアメ玉が「ふわっと軽いわたあめ」になっていたという感じでしょうか?

これから先は、もちろん棒は変わらないのですが、
アメ玉バージョンの自分も、わたあめバージョンの自分も、両方を自由自在に楽しめるようになっていきたいです。


♪お嬢様「ところでセバスチャン、もうすぐバレンタインデーね」
セバスチャン「そうでございますね」
お嬢様「バレンタインデーは私の誕生日でもあるのよ。セバスチャン、いったいどうやって祝ってくれるの?」
セバスチャン「またその話でございますか。私はアイデアマンじゃありませんから、たいしたことはできませんよ」
お嬢様「ちゃんと考えて!セバスチャンのアイデアが素敵だったら、私は『棒つきチョコ』をあげるわ。
素敵じゃなかったら、『ふわっと軽いエアインチョコ』をあげるわ」
セバスチャン「え?どちらにしてもチョコレートをいただけるのでございますか!
嬉しいなあ…。お嬢様ったら本当にお優しい…」

(感激しているセバスチャン。その様子を見ながら、不敵な笑みをうかべるお嬢様なのでした…つづく)

(ちゃんとつづくのだろうか(^_^;)…)
[PR]
by dumbo-kakeru | 2010-02-05 22:53