舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

素敵だぞ日記

♪山梨県には一泊だけだったので、あっという間に帰ってきました。
でも楽しかった余韻が残り、今日もニヤニヤしてしまいました。

楽しかっただけでなく、ありとあらゆる面でツイてる旅だったので、本当に自分は守られているな、と思いました。

最近スランプだったのも含め、きっとすべて順調で困ったことは起きてない。
私は素敵な経験しかしていないのだな、と思いました。

♪昨日、一竹美術館で創作能を見たせいか、日本の伝統芸能が非常に気になっています。
もともと、今年のはじめから日本舞踊とか歌舞伎に興味を持っていたのですが、ますますそれらのことを考えるとワクワクするようになりました。

昨日、展示してある辻が花の着物を見た時も、お能を見た時もなぜか涙がポロポロこぼれました。
何かが呼び覚まされた気がします。

今日素敵な人がこうアドバイスしてくださいました。
「こんなことをやってる場合じゃないと思っても、好きだと思ったことはどんどんやった方がいいですよ」本当にそうだな、と思いました。

‥てなわけで、実現するかわからないのですが‥
日舞がやりたいです!
本当は前からやりたかったんです。

歌舞伎踊りの流れを汲む、演劇的なのは藤間流だと聞いたので藤間流がいいなあ‥(でもあまりわかってません)

人間的に尊敬できる素敵な先生に習いたいですし、
お金がかかるイメージなのでできるだけ安いお月謝がいいですし、
家からもできるだけ近い方がいいな。

そんな都合の良い先生がいらっしゃるかわかりませんが、とりあえず書いておこうっと♪
日舞に詳しい方いらっしゃいましたら、情報提供をお願いします!


♪私は小さいころから恵まれた環境に育ってきたと思ってます。
でもなぜかそのことに罪悪感を感じてきたみたいです。

そのせいか、実は受け取ることが下手なのかもしれないと思いはじめました。
(物質的なことも、脚本のインスピレーションや、人の親切とかも)

今日そのことにたいして、ある方がものすごく素敵な言葉をくださいました。

「ダンボさんは列の一番先頭にいるんだと思います。ダンボさんがまず受け取らないと、他の人は自分も受け取っていいんだ、と思えません。

ダンボさんはどんどん受け取り、それを他の人に流せばいいんです。
それが与えるってことなんです。
与えるということは、無い中から自分の身を削って出すということではないんです。

世の中で成功している人は与え上手ですごいと思うかもしれないけど、実はあの人たちも、充分に受け取ったものを流しているだけなんですよ」

そうなんや!と思いました。無理しなくていいんだと、かなり目から鱗が落ちました。

与えることと受け取ること。
受け取るためには、私は持ってません、とカミングアウトして自分の弱さをさらけ出すことが必要です。

受け取るのは楽なように見えてなかなか難しい‥

なかなか奥が深いですが、ちょっと何かがわかりかけてきた気がしてきました。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-11-13 23:54