舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

緩む=許す=自然体

少し、朝晩が涼しく感じられて、秋めいてきましたね。
皆さま、お元気にお過ごしのことと思います。

長い間、ブログを更新せずすみません!
でも、何もなかったわけではなく、いろんなことがあったんです。
この夏は、たくさんの発見ができ、
自分が自分らしくいられるためのヒントをいただけた夏だったと思います。
とっても幸せな夏でした。

その発見のいくつかについて書きたいと思います。
(大部分が劇団てんのブログに書いたことの転載で、ごめんなさい)

私は、この夏のはじめ、なぜか珍しく夏バテをしていました。
なかなか体調が復活せず歯がゆく思っていたところ、知人がある不思議な整体を紹介してくれました。

むつう整体

これは本当に面白い整体なのです。

身体の自己治癒力をつかさどっているのが人間の「脳幹」らしいのですが、この整体は脳幹が良い状態になる波動を、身体の外から流すことで、生命力(イネイト)をアップさせる整体なのだそうです。

触ったり指圧したりする刺激が一切なく、ただ寝ているだけなのに、なぜか調子がよくなってしまうのです。

私は一回受けただけで「なんだ?この生まれてはじめての感覚は???」と思えるほど、身体が緩んだのを感じました。

その後も身体は反応し続け、好転反応でだるくなったりもしましたが、数日たったらスッキリしました。
めちゃくちゃ不思議なんですが、なんだかスゴい整体なのです。

この整体を受けて気づいたのは、私は身体の力を抜くのがすごく下手だということです。
いつも鎧を着ているみたいに、身体をガチガチに固めて生きてたんだなあ~と思いました。
身体の力が抜けないことは、きっと精神状態や性格にも作用していたと思います。

時には力を入れることも必要ですが、いつもいつも力を入れていたら、無駄に疲れてしまうし、肝心の時に頑張れないんだろうな、と思いました。

自分が身体の力を抜けない性質だからなのか、舞台を見ていても、「あの役者さん、力が入りすぎて本当の魅力が出せてないみたいだなあ。もったいないなあ」というのはすぐわかる気がしていました。

「緩む」というのが「許す」の語源だと聞いたことがあります。

「緩むことができる人」は「他人にも自分にも優しくなれる」みたいです。

そして、「緩むことができる人」は、きっと「自然体な人」
自然体じゃないと生きてて楽しくないし、ましてや、いい表現者にはなれないのでしょうね!

この夏、バテて、そしてむつう整体に出会ったおかげで、身体の力を抜く感覚がわかってラッキーでした!
これから、もっともっと自分らしい表現ができるようになりたいと思います。
[PR]
by dumbo-kakeru | 2009-08-27 17:15 | つれづれ