舞台と物語に恋しているダンボの日記です。皆様に楽しいこと、幸せなこと、笑えることがたくさん降り注ぎますように!


by dumbo-kakeru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「笑えるラブレター」へのお返事

私は今年の夏、とっても好きになった方がいました。
残念ながら、その方とは恋愛関係になることはないだろうと思うのですが、
私にとってすごくご縁のある方のようで、今でもやはり特別な想いを持っています。

今朝、久しぶりにその方が夢に出てきてくれました。

思いがけないようなタイミングで、私に電話をかけてきてくれて、いっぱい話をきいてくれて、
「ダンボさん、リラックス!リラックス!」と言ってくれました。

最近、リラックスを忘れていた私は、その言葉でとても救われ、心があたたかくなりました。

夢の中で私は
「想い続けると願いは叶うもんだなあ~♡」
なんて思いました。

ところが夢の中で、私はどうやら調子にのったようなのです。

「リラックス、リラックス」と言われたところまでは、私が自然に見た夢だったようなのですが、
そこから私は夢を「操作」しようとした気がするのです。

夢の中で、その方と恋人になる展開を無理やり「作り出そう」としたのですが、
やっぱりうまくいかず、すべてがギクシャクと色あせて目が覚めました。

…目が覚めてから私は、「人生もこれと同じだなあ」と思いました。

思いがけない「よろこび」を感じる瞬間があって、そんな時はとても嬉しくなるけれど、
またその瞬間が欲しくて、自我で人生をコントロールしようとすると、たいがい上手くいきません。

「無欲で頑張っている人」には、神様はプレゼントをくださるけれど、
「くれ~!くれ~!」と要求されると、神様もイヤになってしまうのかもしれません。

要求しなくても、神様はいつも、いちばんいいプレゼントを私たちにくださっているのだから、
「なにかを願うこと」はすべて間違っているのかもしれないな、なんて思いました。

でも…それでも願ってしまいますよね?
不幸よりは幸せが欲しいし、失敗よりは成功が欲しい。
それも、できるだけ早く!

私は、「書きたいものがクリアに見えて、いつもよろこびいっぱいで書ける」人生が欲しいです。

意識的にも、無意識的にも、そういう人生を願ってしまうと思うし、
これからもそういう人生に「ラブレター」を送り続けると思います。

でも、たとえその「ラブレター」が届かなくても、返事がこなくても
「あ~上手くいかなかったね!ま、いっか(*^_^*)」

と「笑える」ぐらい、リラックスしていることが大事なのかな、と思いました。
うん。「笑えるラブレター」、いいタイトルだ!(自画自賛)

これからも「必死なラブレター」じゃなくて、「笑えるラブレター」を送り続けたいな、と思いました。

そうしたら、思いがけないタイミングで
神様から電話がかかってくることがあるかもしれませんから!
[PR]
by dumbo-kakeru | 2008-12-30 16:26 | つれづれ